Top >  恋愛に生かす心理法則 >  好きな人との距離を縮める方法

好きな人との距離を縮める方法

スポンサードリンク

好きな人との距離を縮めたい。誰だってそう思いますよね。いや、私は遠くから見守っているだけでいい・・・というのはちょっと歪んだ愛情表現といえるでしょう。いや、むしろ純粋な愛かも知れませんが・・・。
まあとにかく普通は近づきたいものですよねぇ。
さて、好きな人との距離を縮めるためにも心理法則が利用できます。

【単純接触の原理】
とにかく、相手と会う頻度を上げましょうということですね。
何度も会ったほうが親しくなりやすいという心理の法則です。
ミシガン大学心理学科スーザン・セガート博士による実験では、会う回数を色々変えて、最高10回まで、とある人物と出会わせるものがあります。結果は、1回よりも3回、3回よりも5回10回というように、会う回数が多い人ほど好感を得ることができるという結果がでたそうです。
ですから、出会ってからまだ初期の頃には、ほんの少しの時間で構いませんから、なるべく頻繁に相手と会うことが恋愛関係を育てるコツになりそうですね。長い時間で回数が少ないよりも、短い時間で何度も合うほうが効果が上がるようです。まずは回数会って話すということが大切でしょう。ただ、あんまり不自然に会おうとすると「ストーカー?」と思われそうですので気をつけてください。飽くまで自然に。
しかしこれを考えると、遠距離恋愛は不利であるということになりそうですねぇ。

【類似性による親近効果】
これは分かりやすいですよね。自分と共通点がある人に対し、人間は親しみを感じます。なにも恋愛関係に限ったことじゃありません。
会話の中では積極的に自分の興味についてや、相手の趣味についてなどの情報を交わし、共通点を見つけていくと良いでしょう。それだけで随分会話が弾みますよね。共通点がないなら・・・努力して相手に合わせるというのも一つの方法ですが、それだと後々つらくなりそうですね。容易くできることならいいのですが、そうでないなら・・・潔く諦めるというのもありでしょう。

【自己開示の法則】
自分にとって深い情報を相手に話した時、お互いの好感度が上がるものです。「こんなことはあなたにしか話さない」ということになれば、親しみを感じやすくなるで種。
また、あなたが自己開示をすることで相手も自己開示しやすくなるということも実験結果で出ています。そうすると二人だけの秘密がどんどん増えていきそうですよね。
でも、実際会っている場合に、そう簡単には「自己開示」できないものです。
自己開示ができなくなる要因としては、恐怖心や不信によって自分をつまらない者だと感じてしまうためにブレーキがかかってしまうのです。それはそうでしょう。こんなこと知られたら嫌われるんじゃないかとか思ってしまうとなかなか言い出せませんよねぇ。

そんな方でも簡単に自己開示できるようになるには、まず積極的にメールを使ってみるといいのではないでしょうか。
面と向かって話せない様なことでも手紙なら話せるということは多いものです。そして現代はメールという便利なツールが存在します。これを使わない手はありませんね。
メールでは相手の顔が見えないので、少し恥ずかしいことでも文書として伝えやすくなると思います。それにいざ話そうとすると緊張して意味がわからない話になってしまいそうなことでも、メールなら考えを整理して書くことができますからね。メールを最低限の連絡でしか使っていないなら、もっと深い話をしてみてください。
あなたの率直な感情を、是非相手に伝えてみてください。
それが何らかの形であなたに返ってくると思います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 出会ってすぐ仲良くなる方法  |  トップページ  |  次の記事 返報性で恋愛成就  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=