Top >  恋愛に生かす心理法則 >  返報性で恋愛成就

返報性で恋愛成就

スポンサードリンク

返報性というとなんだか取引みたいでイヤですけど・・・。返報性のルールというのは、 ロバート・B・チャルディーニという人の書いた「影響力の武器」という本で詳しく説明されています。

いつも自分のお願いばかりしている、自分の希望につきあってもらっている、というように、いつも一方的に相手へお願いしている状態というのは、何となく嫌な気分になるものですよね。いや、まったく平気だよ、という人はいいのですけど、普通はなんだか負い目を感じてしまいます。

心理学には、心理的報酬という考え方がありまして、これが相手と自分とでイーブンにならなければ人は気分がすっきりしないということですね。「自分だけ心理的報酬を得ているという状態を避けようとする心理」、言い換えると、「受けた恩は返したくなる心理」ということです。これは人間特有の心理かもしれませんね。これによって人間は経済や社会を組み立ててきたのかもしれません。

単に親しみやすいという理由からだけでなく、返報性のルールからも、自分に似た人を恋人に選ぶというのは説明できそうです。類似性がある人と一緒にいるということは、心理的な負担が軽くなります。そして相手にも心理的負担をかけずにすむことが多いのです。

例えば、あなたの趣味は登山だとします。もしもあなたが好きになった人は、登山が好きでないとしたら、好きな人をほったらかしにして登山仲間と山に行くなどということになるかもしれません。そうすると心理的負債を負ってしまいますから何かで返さないと・・・ということになります。
かといって強引に、好きな人を登山に誘ったりしても、お願いを聞いてもらったということでやっぱり心理的負債を負って・・・ということになりますね。
どのパターンについても、心理的な負担は大きくなってしまいます。

こういう点から、類似性がある人に好意を持ちやすいと考えられます。無理して、自分のことにつきあってもらうということがなければ、お願いやお誘いがしやすいものなのです。お願いがしやすいということは、返報性のルールが発動しにくいということです。心理的な負債を背負わなくてもよいということです。これは楽ですよね。
「この人の前ではいつもの自分でいられる」というのはこういう相手のときなのでしょう。

この、返報性(恩を返したくなる心理)という心理は、感情のバランスを取るための心理です。無理なお願いや頼みごとばかりしているというような状態では、相手に負担をかけてしまうので、なにか相手が喜ぶことをしなくては、と考えてしまいます。そうしないと負債を負ったままなので心の安定が得られないのですね。

しかし、より直接、心理的に恩を受ける状態もあります。
「好意」を受けるという場合などです。
「好意を受ければ、好意を返す」とか、「好きになれば、好きになってもらえる」などというように、心理的な「ギブ&テイク」を行おうとします。これを、「好意の返報性(または互恵性)」と呼びます。波長の法則といってもいいかもしれませんね。自分が出した波長が自分に返ってくると。

「好意感情のバランスをとろうとする」心理作用が人間にはあるということです。
簡単に言うと、好きになってくれる人を自分も好きになる、というような心理。
好意のギブ&テイクというのは、特に恋愛関係の基本なのです。
これは恋人になって欲しいという相手がいた場合に利用できる心理的傾向といえます。

もしも気になる相手に恋人がいないのならこちらの好意を示しましょう。思い切って自分の気持ちを伝えることで恋愛に発展する可能性は意外に高いんですよ。
自分が相手から好かれていることが分かれば、自然とその人を無視できなくなります。そうするといつもその人の意識の中にあなたがいるということになりますね。それが続けば、だんだん好きになっていく可能性も高まります。
意識のうちになければ可能性はゼロですしね。

返報性という心理は、恋愛はもちろん、人間関係の様々な心理に影響します。
だいたい、冒頭で掲げたチャルディーニの本は、ビジネス書としてよく読まれているのですよ。
「自己開示をすると好意的になる」という経験を今までしたことがある方もいらっしゃると思いますが、これも返報性の影響によるものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 好きな人との距離を縮める方法  |  トップページ  |  次の記事 一目惚れから始まる恋愛は上手く行く?  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=