Top >  恋愛に生かす心理法則 >  心理学的方法で恋愛上手になる

心理学的方法で恋愛上手になる

スポンサードリンク

自分の魅力を最大限に相手にアピールできれば、もし恋愛が成就しなかったとしても悔いは残らないでしょう。では心理学的に考えると、どんな具体的方法があるのでしょうか。

【相手の目を見ること】
一見当たり前すぎるように見えますが、案外できていないことなのです。
相手の目を見ることは、習慣として体得しているものです。人の目を見る人は見ますし、ついヨソを向いてしまう人は終日ずっとヨソを向いてしまうものです。ということは、目を見る習慣がない人は少し努力が必要になりますね。
相手の目を見るというのは、基本中の基本なのですが実は奥義みたいなものといわれています。アピールはアイコンタクトに始まりアイコンタクトに終わるといえばいいのでしょうか。ということで意識的に努力をして習慣化していく価値が十分にあると思います。
あなたが、自然に相手の目を見るようになって、相手の視線を穏やかに受け止められる人になったなら、あなたの好感度はアップするに違いありません。

ただ、相手の目を見ることは、意外と勇気のいることです。相手のことが好きならなおさらですよね。つい照れてしまう。
自分に臆病な部分があるとつい目をそらしてしまいます。逆に考えると、相手の目を見る習慣をつけていく中で、自分にも臆病なところがあるんだと気づくことができます。
気づきは自己変革にもつながります。
ただし、男性の側から相手の目を見るという場合、気をつけたほうがよいことがあります。それは、親しくもない女性をじろじろ見ないことですね。そんなことをすれば女性は親しみよりも危険を感じ取ってしまいます。

【話をする時の姿勢について】
自分のつま先がどちらを向いているかに注意してみましょう。
爪先は、話をしている相手の方を向いていなくてはいけません。
爪先が別の方向を向いていると、どんなに楽しく話をしていても、全く聞いていないように見えてしまうのです。これだと相手は「ああ、自分には全く興味がないのだな」と無意識のうちに感じ取ってしまいます。それでは上手く行くはずがありませんね。

【相手との距離を縮めること】
街を歩くカップルに注目してみましょう。二人はどれくらいの距離で歩いているでしょうか。だいたい、50センチぐらいの距離を歩いていることが多いのではないでしょうか。
これが、友人同士の関係になると、およそ1mくらいの距離になるようですね。思い出してみましょう。友人がそれより近い距離で一緒に歩いていたら、なんだかイヤじゃありませんか?
これが他人になると2m以上離れているということになります。
社会的距離という、個人の親交ではなく、例えば来客と打ち合わせするときの距離となります。
まあ、人との距離はパーソナルスペースといって人によって違うようですけどね。

しかしこのことから分けるのは、お互いの物理的な距離が離れていると、相手とは仲良くなれないということです。
距離を縮めるタイミングが難しいですよね。突然くっついちゃったら変ですし。
ここは会話の途中などで笑ってほぐれた瞬間などが良いと思います。だから、何か笑えるような話題を用意しておくとよさそうですね。
また、席に座るときには、真正面を避けて、横か、テーブルの角をはさむような形で直角隣の席に座ると良いでしょう。何気なくそういう近距離に座るわけです。合コンの時なんかに使えそうですね。
自然に距離を詰めることによって、自然と親密なムードになってくるものです。

また、相手の名前をきちんと呼ぶことも非常に有効です。名前とはその人だけが持つもので、代わりのいない、かけがえのない「その人」を指し示します。そのため、名前で話しかけるということは、相手の人格に話しかける際の最大の礼儀となるのです。
そして、相手を名前で呼びかけるということは、その相手の心にしっかり届きます。「あのー」とか「ちょっと」とかじゃあ相手の心に響きませんね。名前で呼ぶということを意識的に増やしていくことで、今異常に実のあるコミュニケーションができるようになるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 傾聴テクニックで心をつかむ  |  トップページ  |  次の記事 親子関係の恋愛への影響  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=