Top >  恋愛に生かす心理法則 >  素敵な出会いを掴む方法

素敵な出会いを掴む方法

スポンサードリンク

「出会いがない」から恋人もできない、結婚もできないという人は多いものです。曰く、仕事が忙しいから出会いの機会がない、職場には異性がいないなど。
しかし厳密に「出会いがない」というわけではないでしょう。
まず、自分の周りをよく見まわしてみましょう。周りに誰かが必ずいるはずです。普段、何気なく過ごしていてあまり気づかないかもしれませんが、あなたの周りにいるその人ひとりひとりとあなたは出会ったわけです。その出会いをあなたが意識していないだけなのです。あらためて意識して見回すと、意外にもいい人が見つかるかもしれませんよ。
さて、あらためて見回してみたけど、魅力的な人はいなかったなぁ、なんて場合はどうしましょう。

そうなると今度は新しい出会いを求めて行動することになりそうですね。
では、新しい出会いをつかむためにはどうしたらいいのでしょう?

一番簡単なのは、新しい環境を作るということです。新しい環境と言っても、転職や転校をするわけじゃありませんよ。そんなことをせずともできることはたくさんあります。たとえば自分が以前から関心があった趣味の教室に通うとか、いつもは行かないようなお店に入ってみることです。フットワークを軽くすることで出会いの幅が広がります。
ただ、この時に気をつけたいのは、単に異性が多そうだということだけでサークルに入ったりすると失敗のもとになるということです。自分が本当に興味のあることやお店を選びましょう。軽率な理由で習い事をはじめても、後々自分が困るだけですよね。どうしても興味がもてないことを恋愛のためにいやいや続けると、恋愛関係自体に悪影響がでそうです。それでも根性で恋人のためにその習い事を好きになる!という人はいいですけど・・・。
もし良い出会いがなかったら非常に後悔することにもなります。

ただ、ここで一番オススメしたいのは、計画して得る出会いではなく、普段と変わらず自然に生活している中での出会いを大切にするということです。無理をしない出会いがあれば一番いいですよね。そしてそれが一番理想的な形ではないでしょうか。そのためには日頃から周りの人をよく観察するようにしなければなりませんね。実は素敵な人が、自分のことを思っていてくれたんだ、ということが判明するかもしれませんよ。

どちらの出会いをしたにしても、相手とのコミュニケーションについて努力をしないで恋愛感情を持つということは難しいと思います。あなたの周りにいる人でも、あなたが気づいていないだけで、実は魅力的な人がいるかもしれません。
新しい出会いのために動くことも時には必要かもしれませんが、灯台下暗しという言葉もあります。まずは自分の周りをもう一度み見回してみては如何でしょうか。

スポンサードリンク

 <  前の記事 心理学的恋愛タイプ~遊びか打算か純愛か  |  トップページ  |  次の記事 外見の影響について考える~恋愛は見た目勝負か  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=