Top >  恋愛に生かす心理法則 >  追われると逃げたくなる心理~彼女ができない理由

追われると逃げたくなる心理~彼女ができない理由

スポンサードリンク

「彼女がほしいのにできない」という人は結構います。いったい何が原因なのでしょうか
こんなに好きなのに、好きだということは伝えているのに相手は逃げていってしまう・・・
それは自分が「焦っている」ということが相手に見え見えになっている生かもしれません。なんでもそうですが焦ってやるとうまくいかないものです。恋愛だってそうでしょう。

「彼女がいない」ということを誰にでも頻繁に言うことで、女の子から敬遠されているということもあります。どうしても彼女欲しさにギラギラしている感じがしてしまいます。
ただ「彼女がいなくてさみしい」など、冗談まじりに言われるのはそれほどでもないでしょう。

焦っている人にはあまり魅力を感じないと思います。焦っているということが表に出てしまっているからです。恋人欲しい、恋人欲しい、という必死さが、言葉に、表情に、仕種に、態度に出てしまうというわけです。そういう人に迫られると・・・なんだか怖く感じませんか?
「焦っている=必死=彼女欲しいオーラが出てしまう」という公式が成り立ち、その時点で女の子は引いてしまうのです。

彼女が欲しいけどできない人は、まず焦りをなくさなければなりません。それが恋人を獲得するための第一歩なのではないでしょうか。
焦っている人に対しては、なかなか警戒心を解くことができません。その結果、仲良くなれないばかりか、付き合う段階まで気持ちが傾きません。

そうはいうものの、恋人欲しい人はやっぱり必死ですよねぇ。焦るなといわれても簡単にできるとは思えません。いったい具体的にはどうすればよいのでしょうか。

いちばん単純な方法としては、恋人を作ること以外に打ち込める何かを見つけることではないでしょうか。何かに熱中している人はとても魅力的です。実際ですね、目の輝きが違ってくるのですよ。比喩ではなく違ってきます。
そんなの思いつかない、という方は、内心焦っていてもそれを表面に出さないことができればいいと思います。
常にもう一人の自分をそばにおいて、外側から自分を見させるようにしておけばいいとは思います。
そうはいっても、自分では焦りが出ているかどうか、感情的な高まりがありますとなかなか客観的には捉えられないものです。
個人的な意見になりますが、焦りが見える男性の多くに共通することのひとつに、一方的な押しが強すぎるということがあります。

たとえば、メールアドレスを交換する時、相手のアドレスをその場で何としても教えてもらおうとする人。また、アドレスが分かったところで、頻繁にメールを送信する人です。これでは完全に焦りが見えてしまいます。
逆に、この人のやり方はうまいな、と思ったのは、自分のアドレスだけを教えて女の子のアドレスを聞かないということです。この場合、女の子のアドレスを聞かないので焦っている感じには全く見えませんし、女の子がアドレスを教えていいと思ったときに、女の子側からメールを送ってくれます。
それで音沙汰なかったらどうする!?と思うかもしれませんけど、そういう相手は諦めるべきでしょう。可能性がないのだから。異性なんていくらでもいるのですから、別の機会を待ちましょう。

ネットでもリアルでも、「連絡先を教えて」と迫られるのは、女の子が警戒する行動の一つです。女の子じゃなくても、いきなり連絡先教えろなんて言われたら「なんだこいつ」って思いますよね。まずはゆっくり焦らずに、仲良くなる段階を踏むことから始めてみて下さい。
あとは、無理していることがみえみえの人も彼女ができないかもしれません。
例えば、本当はあまり騒ぐのが好きじゃないのに、みんなに合わせて騒ぐとか。
静かなのが好きならそれでいいのになぜ無理しているのかな、と怪しまれます。
少しくらいなら彼女ができてから少しずつ自分を出していくというのも可能でしょう。しかし明らかに自分を殺している感じの人にはあまりいい印象は持てません。
本当の自分のままでいても、必ず良さを理解してくれる人がいるはずです。無理をして気にいられても後々つらくなるだけですしね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 外見の影響について考える~恋愛は見た目勝負か  |  トップページ  |  次の記事 好きになってもらう・好きにさせる方法  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=