Top >  恋愛に生かす心理法則 >  恋愛のスタート・好きになる瞬間

恋愛のスタート・好きになる瞬間

スポンサードリンク

恋愛感情の発生なんて研究しtれいる人がいるのですね。どんなときに人は人を好きになって恋が始まるのかという研究です。
そんな研究をしたのがハットフィールドという学者さんです。さて、どんな結果がでたのでしょうか・・・。
恋愛の始まりには次の3つの条件が必要であると考えられています。

1.架空の話や現実の生活などにおいて、若い人々が恋愛を信じ、そして学ぶ文化の中において育てられること。
これは意外ですよね。「恋愛を信じ、学ぶ文化」がなければ恋愛は始まらないというのですよ。つまり恋愛は自然発生的ではないということになります。確かにそうかも知れませんね。世の中には恋愛ベタな人はたくさんいますので。そういう人は生まれつきそうなのではなくて、恋愛について学ぶ機会がなかっただけかもしれません。

2.適切な恋愛の相手が存在すること。
これは当たり前のことですね。相手がいなければ恋愛なんか始まりません。ナルシシズムというのは恋愛とは違うでしょう。

3.「これは恋愛である」と解釈される情動的な興奮があること。
「情動的興奮」というとなんだかよくわかりませんけど、人を好きになると「胸が苦しい」とか「ドキドキする」とかありますよね。そのことです。
これについて、「情動の錯誤帰属説」という説があります。これまた言葉が堅苦しいですけど、「原因がはっきり分からない生理的な覚醒や興奮がある時、そばに異性がいると、その興奮の理由は異性のせいだと間違って思い込む」というものです。
実はほかの事でドキドキしているのに、「あ、これは目の前にいる男性のせいだ」と思ってしまうということですね。それで「私はこの人のことが好きなんだわ」と思ってしまう。

これについては、有名な「吊橋モデル」という考え方があります。
普通の橋と、高い所にかけられたゆれる吊橋の両方において、通りかかった男女にアンケート調査をします。このとき、普通の橋でアンケートをお願いしていた人とつり橋でやっていた人では、どちらが交換をもたれたでしょうか・・・。
もう察しが着いたかと思いますが、吊橋の上で、しかも異性の調査者からアンケートをされた対象者は、他の対象者よりもずっと調査者に対する好感度が高くなり、それはアンケートの回答にも表れていました。
これは、高くて不安定な吊橋にいるためにドキドキしたり緊張したりしている状態を、そのドキドキは目の前の異性の調査者のせいだと思い込んでしまったことによるとされています。

このことを恋愛に利用するのもひとつのアイディアですね。吊橋や、大回転ジェットコースター、台風で停電になった夜や、お化け屋敷などに気になる人と行くと良いかもしれません。
まあそれでデートは公園という人が多いのかもしれません。ジェットコースターなどのドキドキを、恋のドキドキに変換しているのですね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 友達から恋人になるには  |  トップページ  |  次の記事 もてるための恋愛脳  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=