Top >  恋愛に生かす心理法則 >  銀座のホステスに学ぶ恋愛トレーニング

銀座のホステスに学ぶ恋愛トレーニング

スポンサードリンク

恋愛上手といえば、銀座のホステスさんです。まあ恋愛上手といっても、自分が恋してしまうのではなく、相手に自分のことを恋焦がれさせるのがうまいということですけど。
彼女たちは恋愛心理学を利用して、お客さんの心を操ったりします。
でもそのためには日々の訓練が必要なようです。

☆一日最低5人をほめる。
どんな人でもいいから1日最低5人をほめることうを習慣にしましょう。これは恋愛に限らず、自分の人格向上にもなりますし人相もよくなりますよ。
ほめるためには、その人に愛情を持てるほどじっくり観察しなければなりません。 日ごろからほめる訓練をしておくと、自然と相手の長所を見つけられるようになります。そして本命の相手に出会った時に最高の態度が自然と取れるというわけですね。日頃の訓練の賜物です。銀座のモテホステスは、ほめて相手が喜ぶ言葉を考えることを習慣としています。それによって「恋愛のプロ」になるのです。

☆相手に意見してもトラブルにならない言い回しを使える。
それは、会話の最初に「私は」をつけるということです。
「あなたは間違っている」と言ってしまうと「じゃあどこが間違っているのか説明してもらおうか!」となり対立関係成立ですね。これでは恋愛どころではない。
そこで最初に「私」のつくセリフを入れます。
「私悲しい、アナタがそんなこと言うなんて」
このように「私」が感じた言葉などを最初につけるともめることは少なくなります。そうすることによって、相手のプライドを傷つけず守るということが大切なのです。

☆恋愛を一歩進ませるテクニック。
食事中には相手と同じものに手を伸ばしてみましょう。ミラーイメージという心理的なテクニックですね。恋愛をもう一歩先に進ませるためには、相手に「一緒にいて疲れない、楽しい」と思わせて好感度を上げることが大切です。さりげなく行動をまねすることで、「なんとなく気が合う」と思わせる効果があります。 人は自分と似ているものに親しみを感じてしまうものです。

☆相手をとりこにするテクニック。
3秒間見つめて「ん?」と小首をかしげる。
これで相手を虜にするというのですね。いやー怖い怖い。
しかし女性にはこれを存分に使ってみましょう。
銀座のホステスの基本で最も重要なテクニックは「目で語ること」。視線の引力こそが相手を虜にする一番の方法です。
その際、相手を見つめる時間は3秒程度が一番良いとされています。あんまり長いこと見ていっても、「え? 俺なんかおかしい?」とか思われそうですからね。
さらに、「ん?」と首をかしげることによって「向こうが自分のことを気にした」かのように演出することができるのです。
やるときは自然にやりましょう。鏡を相手に練習してみるといいですね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 もてるための恋愛脳  |  トップページ  |  次の記事 もてる人の秘訣  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=