Top >  恋愛に生かす心理法則 >  もてる人の秘訣

もてる人の秘訣

スポンサードリンク

顔が特別整っているわけでもないのに何故かもてる人っていますよねぇ。あいつはどう見たって自分よりブ○○○なのに、なんであんなにもてるんだ、なんて不遜なことを思ったことはありませんか?
どうやらその秘密、そういう人たちの特徴は「目」にあるようです。
そして、「目」は、「色やかたち」ではなく「輝き」が重要ポイントなのです。
「目は心の窓」ともいいますが、瞳孔の大きさが好意のサインであるという心理からもわかります。私たちの瞳孔は暗いときに開くというだけでなく、好意を抱いている人やものを見つめるときも大きくなります。好意を抱いている人の写真でも開きます。まあとにかく対象が人間でなくても、好ましいものを見るときは同行が開きます。
そして、瞳孔が開いた時、私たちの目は黒目がちになってキラキラ光ります。

目の輝きをアップさせるには、何か夢中になれることを探したり、前向きな気持ちで好奇心旺盛に行動したりすると良いでしょう。上述のごとく、人間は興味のあることに集中しているとき、瞳孔が開いた状態になるからです。「あの人は目が輝いている」というのは比喩的な表現ではなかったんです。実際に目が輝いているんですよ。
その瞳孔が開いている状態を長時間保つためにも、関心のある事柄を持つことが効果的になると思います。

また最近では、香りの研究の中で、ある香りを嗅ぐことによって自律神経を刺激して、瞳孔がひらくという結果が出ています。アロマセラピーの世界においても、例えばグレープフルーツやレモンなどの柑橘系や、ハーブなどの香りがあてはまると言われています。そういう香りのシャンプーなどを利用して魅力を高めることができるかもしれません。

更にもう一つ、目がキラキラと輝く秘訣は頻繁に鏡を見ることです。人は鏡を見ている時、一番いい顔をするそうです。そのため、常に意識して鏡を見るようにすることで、顔が優しくなるなどの変化が見られると言います。これなら今からでも始められそうですね。
実は昔の武士も鏡を頻繁に見ていたそうなんですよ。これはまあ、威厳ある顔立ちを作るためなんでしょうけど。

スポンサードリンク

 <  前の記事 銀座のホステスに学ぶ恋愛トレーニング  |  トップページ  |  次の記事 脳のメカニズムを利用して恋に落ちる  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=