Top >  恋愛に生かす心理法則 >  脳のメカニズムを利用して恋に落ちる

脳のメカニズムを利用して恋に落ちる

スポンサードリンク

自分の好きな人を見たり、その人について考えたりすると、そんな感じになるでしょうか。胸がドキドキしたりキュンとするのではありませんか?
これはホルモンが影響しているようですね。
ホルモンというのは体内でちょっとだけ分泌される物質ですが、人の体や精神に大きく働きかけるものです。

恋に落ちるという状態もこのホルモンが関わっているようですね。
脳内においてPEAというホルモンの濃度が上昇することによって脳が快感になりますと、「恋をしている」状態になるようです。ということはこのホルモンを人工的に作って投与してやれば「恋をしている」状態を人工的に作り出せるということでしょうか。
また、ドーパミン、オキシトシン、エストロゲンなどのホルモンとの相互効果により、相手と一緒にいたいと思ったり、性欲が高まっていたりするようですね。
ここで注目すべきなのは、「恋の始まり」に欠かせないホルモンであるPEAは、精神的に不安定の状態でいなければ分泌されないということです。よく、ドキドキする環境で出会ったカップルというのは恋に落ちやすいと言われていますがそれはどうやらPEAと関係があるようです。
つまり、お互いに不安や緊張を感じていないと、二人の関係が恋に発展することはないということになりますね。
これはなぜなんでしょうかねぇ。やっぱり不安を感じると、助け合う仲間がほしくなるということなんでしょうか。それが男女ともなれば一生の伴侶ともなりうるわけなので、強く働くということなのかもしれませんね。
ということは逆に、意図的に緊張状態を作り出して、相手と恋に落ちやすい状況を作るということも考えられます。あ、もちろん相手があなたに対して緊張したり不安を持ったりしたのでは逆効果でしょうけど。

しかし、そうは言っても「緊張」や「不安定」 を感じながら一生過ごすということは不可能だと思います。特に、カップルにとってはそれを維持するのは大変です。
ここで押さえたいのは、あくまでもPEAは「恋するホルモン」であるということ。カップルになった後は、「恋」を「愛」に変えていく作業、そして自分たちが今どこにいるのかを把握することが実は必要なのです。

「恋」は精神が不安定で、緊張しているときに成り立つものです。
それに対して「愛」は精神が安定しているときに成り立つものです。「ずっとドキドキする恋愛がしたい!」という望みは、いつもストレスと緊張を与えられつづけられている状態を望むことを意味します。さすがにこれでは疲れてしまって、長くは続きませんよね。病気になってしまいそうです。
愛を深めている二人が、「ここ最近ドキドキしていない」と思ってあえて相手を不安にさせる行為をして、結局その恋が終わってしまうということは良くある話です。そのような失敗をしないように、自分が今一体どのポジションにいるのかをよく見極めましょう。
恋の熱が冷めますと、相手についていろいろと気にいらない部分も見え始めるものです。しかしそこが愛を育てられるかどうかの分岐点となるでしょう。相手の嫌な部分もふくめて全存在を受け入れられる、これが愛するということではないでしょうか。
受け入れられないとしたら・・・そもそもその相手は愛し合えるような存在ではなかったのでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 もてる人の秘訣  |  トップページ  |  次の記事 心理学でその気にさせる~恋愛テクニック  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=