Top >  恋愛に生かす心理法則 >  心理学でその気にさせる~恋愛テクニック

心理学でその気にさせる~恋愛テクニック

スポンサードリンク

孫子の言葉として誰もが知るものにこういうのがありますね。
「彼を知り己を知れば、百戦危うからず」
ようするに「相手のことも自分のことも知れば百戦百勝できる」と言っているわけです。
孫子は戦争についてこのように言ったのですけど、恋愛にも適用できるのでしょうか?

一見恋愛にも応用が利きそうですけど、心理学的に考える時には、実はこの言葉が必ずしも当てはまるとはいえないんですね。
偉大な孫子も恋愛には詳しくなかったということでしょうか。

「自分のことをよく知りましょう」
ここまでは一緒なのですが、恋愛の場合ここからが違います。
「相手を知るのは口説きながらでもかまいません」

これは、心理学用語で 「自己認知」「自己認識」 と言われています。簡単に言うならば、「自分をよく知って、自分のすべてを認めること」なのです。
認めるということは、自分を卑下することではありません。
自分をプラスに捉えるということです。つまり、自分のありとあらゆることすべてを最高のものであると思えることです。欠点も含めて認めてあげようということです。
でも、これは容易なことではありません。いきなり自分のことをすべて認めようという気にはなかなかなれませんよね。だれだって、「自分のここが許せない!」という部分は持っているものですよね。

そこで、ここは西川きよしさんに倣いましょう。
「小さなことからコツコツと」
まずは、自分の中でも認めやすい部分を一つ、認めてしまいます。
それは比較的効果の高い方法の一つ、「自分の気持ちを認めること」です。
例えば、「あの人が好き」 というあなたの一途な想い。その気持ちを全面的に肯定しましょう。相手は自分のことなんか眼中にないんじゃないかとか、余計なことを考えてはいけません。「好き」という気持ちを少しずつ増幅してみてください。決して押さえ込んではいけません。
それは何よりも強いエネルギーになります。行動のためのエネルギー。
そして、相手の良い部分に気づいたらしめたものです。そのことをきっかけにさらに気持ちを強めていきましょう。
その気持ちを、そのまま好きな相手に伝えれば良いのです。「優しいね」「目が綺麗だね」など、本当に思っていることを飾らずに言ってあげればいいのです。

自分の気持ちを相手に伝えることこそ「口説く」ということなのです。
面倒な駆け引きなんてありませんね。

会う度に必ず1回は本当に思っていることを言うようにします。
そうすればそのうち相手も心を開いてくれるでしょう。
それでもダメならそれはあなたと相手の波長が合っていないわけですから諦めたほうがよいのでしょう。

自分の感情を認めて、それを相手に素直に伝えること。
そんなの効果があるのかと思うかもしれませんけど、じつはいちばん近道だったりします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 脳のメカニズムを利用して恋に落ちる  |  トップページ  |  次の記事 ヘアスタイルから意中の人の性格を見抜く  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=