Top >  恋愛に生かす心理法則 >  言い間違いから相手の気持ちを知る

言い間違いから相手の気持ちを知る

スポンサードリンク

相手の心なんてわからないものですよね。人間はそんなに単純ではありませんから。
でも実は、ほんのささいなしぐさや言葉によってある程度なら深層心理が読めることもあるんです。

というのも、心理学の父とも言えるフロイトさんがそういっているというわけなんですけど。
ということで、ここでは、フロイトが発見した「心ののぞき方」についてお話します。


心理学で有名な精神分析家のフロイトは、人の言い間違いについてとある重大な発見をしたということを体験から述べています。

ある会議の場で、司会者が 「これから開会します」 と言うはずのところを間違えて 「これから閉会します」 と言ってしまいました。それくらいの間違いはよくありそうですよね。司会者は慌てて「開会です」と言いなおして、会議は何の支障もなく進んでいきました。さて、普通の人ならこんな言い間違い、気にも留めないでしょう。「あ、司会者さん間違えはった」で終わりだと思います。しかし偉大な学者は違いました。
ここで、フロイトは司会者の言い間違いに注目するわけです。別に司会者を馬鹿にしようというわけじゃありませんよ。会議終了後、司会者に言い間違いについて尋ねたところ、司会者はこう白状しました。
「実は、今日は早く帰りたかったのです。」
これを聞いたフロイトは、人間の言い間違いにはその人の願望が表れているという結論を導き出したのです。さらに進めて、その人が意識していることだけでなく、無意識の層に押し込めている気持ちも、言い間違いから察することができると考えたのでした。


また、フロイトは言い間違い以外にも、人間の無意識の願望が表れるの物があるはずだと考え、いろいろと調査してみたようです。その結果、「忘れ物」や「行動の間違い」など、ふとした行動にも当てはまるのだという結論に足しいました。


人間のいい間違いや忘れるという行動すべてにその人の無意識が隠されているわけではありません。単なるボケかもしれないわけですし。言い間違いには、本当の気持ちが隠されているという場合もあれば、そのような気持ちは全くない場合もあります。
しかし、そのことに気付いたあなたが自分自身の中で思い当たる節があるのならば、それはあなた自身が薄々なにか感じ取れることがあるのかもしれません。
あなたが片思いしていると思っていた相手が実はあなたのことを好きなのかもしれません。また、既に恋人同士というのであれば、別れの前兆や浮気の兆候なのかもしれません。
好きな人や恋人との会話の中などで、該当する状態にもし出会ってしまったら、とにかくひとつでもいいので、期待なり不安なりをはっきりさせるように行動してみてください。それが相手とよりよい関係を築いていくきっかけになるかもしれません。また、知らず知らずのうちに崩壊しかけている2人の関係を修復する手がかりになるかもしれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 座り方・足の状態でわかる恋愛感情  |  トップページ  |  次の記事 うまくいくカップルはどんなカップル?  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=