Top >  恋愛に生かす心理法則 >  心理学的恋愛タイプ~遊びか打算か純愛か

心理学的恋愛タイプ~遊びか打算か純愛か

スポンサードリンク

自分はどんな年内タイプなのか気になることもあるでしょう。ジョン・アラン・リ-という人も気になってしまったようです。まあこの人はカナダの社会学者なので、学問的に分類したようですけど。彼は多数の文学小説、歴史的、哲学文献を調査し、恋愛のタイプは大きく6つに分類されると主張しました。

【タイプA】エロスな恋・美を求める愛
エロスとは神話の神様の名前ですけど、美に対する愛をも意味します。愛に極めて高い価値を置きますが、恋愛がなければ生きていけないほどではあrません。。
美を重んずるため、相手に対して望んでいる身体的特徴について明確なイメ-ジを持っています。そのため、相手の外見に強烈に感じてしまいます。一目惚れし易いタイプといっていいでしょう。
タイプ・エロスの性格的特徴は、自尊心が高くて自分を包み隠すことはあまりないことです。パ-トナ-に対して全面的な関心を注ぎますが、所有欲や嫉妬はほとんど生じません。これは自分に大きな自信を持っていることの現れのようです。

【タイプB】ルダスな恋・遊びの愛
愛が遊びとはこれいかに。愛は見返りを求めないものと考えている人には理解できませんね。タイプ・ルダスの人は恋愛をゲ-ムとしてとらえて、楽しむことを大切にします。
ということで交際相手に執着しません。別れ話がこじれるということはないでしょう。
複数の相手と付き合いますが、いずれも距離をとって付き合うので本気にはなりません。あらゆる種のパ-トナ-を好みます。本気志向の人がこの手の相手に捕まると大変な思いをすることでしょう。
タイプ・ルダスの性格的特徴は、抑制度が低くて、外交的、攻撃性が高いです。

【タイプC】マニアな恋・取り憑かれた愛
恋愛マニアというのも怖い気がしますが・・・。恋人から関心と愛情を得たいと強く思うタイプです。分離不安があるのかもしれません。幼い頃、十分な愛情を受けて育った経験がないのかもしれません。
お察しのとおり、タイプ・マニアの人は猛烈な嫉妬心や独占欲を持ちがちです。愛されていることを何度も繰り返し確かめたがります。相手が他の異性と会話しただけで嫉妬することがあります。相手によっては「重い」と思ってしまうことでしょう。
恋愛について不安を抱くと、食欲低下や、不眠、悲哀を感じます。恋愛に関しては非常に繊細で傷つきやすいと言っていいでしょう。
タイプ・マニアの性格的特徴としては、高い防衛性と攻撃性、社会的承認欲をもつことがあげられます。不安と葛藤と依存が同居しています。神経症的傾向があるかもしれません。

【タイプD】アガペな恋・愛他的愛
アガペとは、もともと神の絶対的な愛を意味していました。これが人間の愛にも転用されるようになりますと「無償の愛」という意味になります。相手の利益だけ考え、自分自身を犠牲にすることもいとわず、見返りを全く求めません。自分を愛してくれることすら相手には求めないタイプです。
ジョン・リ-いわく、調査した結果、このタイプにあてはまる者は現実には存在しないとのことです。まあ、そりゃあそうでしょうね。もともと神の愛なんだから。
でもひょっとしたらマザーテレサとかは当てはまるのかもしれません。

【タイプE】プラグマな恋・現実主義的愛
プラグマティズム=実用主義の略ですね。愛に対し現実的に考えます。恋愛の出発点から目的に合う相手を選びます。恋愛を地位上昇など、恋愛以外の目的を達成する手段であるとも考えています。そのため、相手を選択する際には、社会的な地位や釣り合いなど、様々な基準を立ててそれに合う人を選びます。
ということはタイプ・プラグマの人は、人間を愛しているのではなく自分の目的を愛しているということになりますので寂しい話です。
タイプ・プラグマの性格的特徴は、自立性が低く、秩序や社会的承認に対する欲求が高いと考えられています。自立性が低いというのは、価値の基準を自分の中に持っているのではなく、富や社会的地位など、他人が認めるものを基準としているということですね。とても現実的で実利を重視します。

【タイプF】ストゲな恋・友愛
穏やかで友情的な恋愛です。長い時間をかけて愛が育まれるタイプです。友人同士から始まり、気がついたら愛が深まっていて結ばれるカップルですね。
このタイプの人は、人生の最大の目標は結婚をして良い家庭を築くことであると考えています。互いに離れて暮らしていても大丈夫なことが多いようです。それは長期的な約束と信頼がふたりの間にあるからです。遠距離恋愛に強そうですね。また、例えふたりが別れても、親友関係としての関係はずっと続きます。

ジョン・リーは恋愛心理学の研究の中で、「恋愛では、同じタイプの人と付き合うとうまくいく」「違うタイプの異性と付き合ってもあまりうまくいかない」と言っています。
当然それは絶対ではありません。同じタイプでも上手く行かないことはあるでしょう。
これらのタイプは生きていく中で変化するものですし、また、どれかに完全に一致するというものでもないと思います。一人の人に様々なタイプが同居しているというのが普通なのではないでしょうか。
ただ、大雑把に自分や相手のタイプを認識する手段としては役に立ちます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 恋愛運アップの傾聴術  |  トップページ  |  次の記事 素敵な出会いを掴む方法  > 


!--メインコンテンツ--MTEntriesWithSubCategories lastn=