気になる人と親しくなる方法。
誰かを好きになった時、あなたなら何をしたいと思うでしょうか?
ただ遠くから見つめているだけで満足でしょうか?
それとも単刀直入に好きだと言っちゃいますか?
でもまあ、大抵はその人にちょっとでも近づけるよう、話しかけたりすることから始めたいと思うでしょうね。
もちろん、今まで親しくしてきた人となら気軽に話したりできるかもしれません。その中で、相手の気持ちを察することもできるかもしれません。
しかし、そうでない場合にはどうすればいいのか悩んでしまいますよね。全く話したこともないような人が相手だったらどうすればいいのか。
その場合には、どうしても話さないといけないような状況を自分で作ってしまうと良いでしょう。話す内容は何でも構いませんけど、とりあえず事務的なことが話しやすいかもしれません。
例えば、会社関係の場合なら、仕事の頼み事や質問など。学校関係なら勉強のことを聞くなど、いろいろありますね。

スポンサードリンク

そうはいっても、本当に話をしないといけない場面にならないとなかなか難しいものです。 そこで、もうすこし話かけやすい状況を工夫してみましょう。
「自分と相手の二人しかいない状況になる」という状況を作れれ理想的です。
たとえ完全に二人きりではなくても、自分や相手の知ってる人がいない状態、まわりは他人ばかりという状態であれば、とても話しかけやすいと思います。学校であれば放課後、会社であれば残業の時などは割と簡単にできるのではないでしょうか。
二人しかいなければ、お互い黙っているほうが不自然でしょう。
自然に話せそうな気分になりませんか?

もし、それすらできないとなれば、あとはどんな工夫があるでしょう。
朝会ったときに挨拶するというのも良いと思います。今まで挨拶はしたことがなかったのに急にするなんて、と戸惑ってしまうかもしれませんが、挨拶は相手にも良い印象を与えるものなので、されて悪い気はほとんどの確率でしないと思います。それに、挨拶だとより自然に話かけられそうですよね。
とにかく全く話したことのない状態から、挨拶くらいは交し合える状態に持っていくわけです。ゼロが1になるわけですから無限大の進歩ですよ。
最初は相手もびっくりして返してくれないかもしれませんが、回数を重ねると挨拶を返してくれるはずです。

相手と親しくなるにはいくつかの方法がありますが、まずは相手の目に入るところにいることです。相手から見えないのでは文字通り眼中にないということになってしまいますからね。そして、話をするなどして直接接触することです。好きな人がいてもなかなか進展しないなぁ、と思っている人は是非思いきって話しかけてみましょう。

恋愛心理学

心理学を利用して恋愛を成就させる方法。好きな人を振り向かせる方法。

恋愛心理学カテゴリー項目一覧

恋愛に生かす心理法則