Top >  高脂血症 >  リポタンパク質と動脈硬化

リポタンパク質と動脈硬化

リポタンパク質が動脈硬化の原因になるといわれることがありますが、
これはリポタンパク質の一つであるLDLが原因になるということです。

LDLというのは悪玉コレステロールとも言われますが
それは動脈硬化の元になってしまうからなんです。

血管の内壁が傷つきますと、その傷口から
LDLが中に入っていってしまいます。
そしてそこで酸化してしまうわけですね。

酸化するだけでもあまり良くないことなんですが
このLDLを追って、白血球のうち単球と呼ばれるものが
血管の壁の中に入ってきます。

そこで単球はマクロファージに変身して、
酸化したコレステロールをどんどん食べ、
その場で死んでしまいます。

そしてマクロファージの死骸と
酸化した脂肪の混ざったものが血管の壁にたまり続けます。
これが動脈硬化へつながるというわけです。

 <  前の記事 リポタンパク質の種類と働き  |  トップページ  |  次の記事 LDLコレステロールの働き  >