Top >  高脂血症 >  リポタンパク質の種類と働き

リポタンパク質の種類と働き

リポタンパク質というのは、
「タンパク質」という名前になっていますが
実質は脂肪と考えていいでしょう。

中性脂肪やコレステロールなどは脂肪ですので
そのままの形では血液に混ざることができません。

そこでリン脂質やアポタンパク質など親水性の物質に
くるんでもらって、血液に混ざります。
そうすることで体の各部へ移動できます。

そしてこの親水性の物質にくるまれた
中性脂肪やコレステロールをリポタンパク質と呼びます。

イメージとしては脂肪の入ったカプセルですね。

リポタンパク質の種類には4つあります。
カイロミクロン、VLDL、LDL、HDLです。

カイロミクロンは小腸から肝臓へ脂質を運びます。

VLDLは肝臓から各組織へ中性脂肪を運びます。

LDLは肝臓から各組織へコレステロールを運びます。

HDLは各組織や血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓へ運びます。

LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと
呼ばれることがありますけど、どちらも私たちの体にとって
なくてはならないものです。

 <  前の記事 コレステロールと中性脂肪の違い  |  トップページ  |  次の記事 リポタンパク質と動脈硬化  >