Top >  高脂血症 >  コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールも中性脂肪もどちらも脂肪ということで
何が違うのかよくわからない…という人も多いことと思います。

ということでその違いを調べてみました。

要するに働きが違うんですね。

コレステロールは「素材」になる脂肪で、
中性脂肪は「エネルギー」になる脂肪です。

私たちの体はコレステロールを素材として
細胞膜を作ります。

なのでとかく悪者扱いされるコレステロールも、
これなくしては私たちは生きていけないものでもあります。
適度に存在することが重要なんですね。

また、コレステロールは副腎皮質ホルモンや
性ホルモンを作るときにも欠かせません。

女性が過激なダイエットをすると
女性ホルモンが減ってしまうのはこのせいかもしれませんね。

私たちが通常「脂肪」という場合は
中性脂肪のことを指しています。

トリグリセライドとも言いますが
こちらの名前で呼ぶ人は稀です。

これはエネルギーを脂肪の形にして蓄えているというものです。
皮下脂肪や内臓脂肪がありますし、
血液中にも存在します。

これまたないと生きていけませんが、
多すぎても困るというものです。

 <  前の記事 血小板の増加・減少と病気  |  トップページ  |  次の記事 リポタンパク質の種類と働き  >