Top >  高脂血症 >  LDLコレステロールの働き

LDLコレステロールの働き

LDLコレステロールはよく悪玉コレステロールと呼ばれます。

それはこのLDLが肝臓からコレステロールを
体の各所に運んでいるからです。

そしてそれが多すぎますと、
内臓脂肪とか動脈硬化のもとになりますので
これは病気の原因だ、悪玉だといわれるわけです。

悪玉なんだからなくなっちゃえばいいのに!

なんて思うかもしれませんけど、
LDLのコレステロールを運ぶという働きは
私たちの体にとってなくてはならないものです。

なぜなら、私たちの体の細胞の、
膜の材料となっているのがコレステロールなんです。

つまりコレステロールがなければ細胞を作ることができません。

ということはLDLがゼロになったら、
私たちは生きていけなくなるということでもあります。

ですのでLDLが悪玉だというのはあくまで多すぎる場合で
適度な量はどうしても必要ということになりますね。

ちなみにコレステロールは
女性ホルモンを作るときにも必要ですので
女性の美しさを維持する上でも必要なものと考えられます。

 <  前の記事 リポタンパク質と動脈硬化  |  トップページ  |  次の記事 肥満と高脂血症  >