Top >  ウォーキングダイエット >  サウナスーツでウォーキング

サウナスーツでウォーキング

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

ウォーキングはいろいろと役に立ちますよね。ダイエットのため、健康のため、リハビリのため、など様々な効果が望めます。
会社の健康診断でメタボリック予備軍との指摘を受けた人もいるでしょう。そうでなくてもメタボ健診は義務化されちゃいましたからね。メタボまで行かずとも、去年よりウェストが太くなっているのに気づいただけでもこりゃ大変となりそうです。
このままではいけないとウォーキングを決意した人もいることでしょう。

ダイエットを考えている人の中には、ウォーキングをしてたくさんの汗をかきたいと思っている人も多いのではないでしょうか。まあ、汗をかくとなんだか痩せそうな気はしますけどね。実際には汗は痩せるというよりも、老廃物を排出するというほうが主な目的になりそうです。
ウォーキングは、継続して行なうことでダイエットだけでなく、皮膚の新陳代謝を活性化し、汗をかくことで老廃物も排出され、肌を美しくするという嬉しい効果も望めます。
まあ、ただ歩いてもなかなか汗はかかないかもしれませんので、そうしても歩いて汗をたくさんかきたい人には、サウナスーツがおすすめです。

サウナスーツの構造は、保温性を高め、外部からの冷気を遮断するようにできており、そのため汗をかきやすくなります。
ただし着ているだけで汗をかけるのではなく、サウナスーツを着た上で運動をする必要があります。
しかし、ウォーキング程度の軽い運動でもすぐに汗をかけるようになっています。
サウナスーツというと、銀色のゴワゴワしたウエアをイメージする人も多いと思いますが、最近のものはウインドブレーカーのような見た目で、ウォーキングだけでなくスポーツジムなどで使っても違和感のないウエアとなっています。
まあ夏ならそれこそウィンドブレーカーを着て歩けばもう汗だくになることは間違いありませんけどね。

気をつけていただきたいのはやはり水分補給です。
サウナスーツを着用してウォーキングをすると着用していないときと比べてかなりの発汗量となりますので、水分を取らないとなると脱水症状なんかがでてしまって非常に危険です。そういえば昔は運動の最中に水を飲むななんてひどいことをいっていましたが、ありゃ完全に間違いですよ。
また、汗をたくさんかいて体重が減ったとしてもダイエットにはなっていません。それはからだから失われた水分量がほとんどです。
本当に太りにくいからだを作るには、ウォーキングを長期間続けて、脂肪を燃やすと同時に筋肉を鍛えていく必要があります。筋肉があれば勝手にカロリーを燃やしてくれますからね。
サウナスーツを着て汗をかいて美肌をつくりつつ、ウォーキングを続けることで筋力もアップさせて、健康的に美しくなってくださいね。

 <  前の記事 ウエイト・トレーニングの利用  |  トップページ  |  次の記事 スローピング運動~後ろ歩きで足を引き締める  >