Top >  ウォーキングダイエット >  水分補給とお茶の利用

水分補給とお茶の利用

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

脂肪を燃焼させることは、メタボリックシンドロームの予防、つまり健康維持のためにもあなりますし、また美容の観点からのダイエットのためにもなります。
そのために有酸素運動であるウォーキングに取り組む人が増えています。
脂肪を燃焼させる効果を期待するのであれば、短時間の集中的な運動よりも、20分以上のウォーキングが効果的と言われています。
その際に必ず必要になってくるのが、水分補給です。
水分が不足すれば痩せにくくなってしまいますし、なにより血液がドロドロになってからだによくないですよね。
歩き始める前にも、歩いている途中でも、こまめに水分を摂ることが大切です。

水分補給は、運動をしているときに限らず、日頃からこまめにしておきたいことのひとつです。水分を十分取ることで脂肪は燃えやすくなりますし、老廃物も体外へ排出できますのでデトックスにもなりますよね。

ところでみなさんはどのような飲み物で水分補給をしているでしょうか。
お茶か、あるいは水といったものが多いのではないでしょうか。
最近ではお茶や水もいろいろな種類のものが発売されています。
水一つとっても、ミネラルウォーターもありますしアルカリイオン水もあります。酸素水があるかと思えば水素水もありますね。水分補給以外の目的のために成分を選んで購入する人も増えているようです。
そんな中、中国茶のダイエット効果について聞いたこともあるかとおもいます。
元々はウーロン茶が痩せるお茶としてブームになったことが始まりだったと思いますけど・・・。
中国の女性には太った人が少ないというイメージから、ダイエット茶としてブームになったこともありました。
ここでいくつかの中国茶とその期待される効果についてお話したいと思います。

【ウーロン茶】
脂肪の燃焼を促進させるホルモンの分泌を促します。また、脂肪が吸収されにくくする作用もあるようですね。
【プーアール茶】
体内で脂肪が吸収されるのを阻害する働きがあるとされています。
【グァバ茶】
糖の吸収を抑える効果があり、血糖値が高めの人にもよく飲まれています。血糖値の上昇を穏やかにすれば脂肪がつきにくくなるというのは、低インスリンダイエットの理論ですね。
【杜仲茶】
利尿作用があるため、むくみの解消に効果がみられます。
【桑の葉茶】
糖の吸収を防いだり、整腸作用もあります。
【ギムネマ茶】
糖の吸収をおだやかにしますが、個人差が大きいこともあります。

ただし、やせる効果をうたっているお茶は、利尿作用や下剤作用のある成分が入っていることもあり、一時的に体重を落とすだけで本当のダイエットにはならないこともあります。単に水分が出て行っただけで体重が減ったというのでは全く意味がありませんからね。単に脱水状態になっているだけですし。
飲む前に成分をよく確認しましょう。
また、お茶はあくまでダイエットのサポートとして考え、食生活の改善やウォーキングなどの運動も忘れてはいけません。

 <  前の記事 スローピング運動~後ろ歩きで足を引き締める  |  トップページ  |  次の記事 ダイエット・サプリメントで痩せるのか  >