Top >  ウォーキングダイエット >  歩くことのすすめ~心と脳と体のために

歩くことのすすめ~心と脳と体のために

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

健康維持のためにウォーキングをする、というひとは増えつつあります。
毎朝の散歩や週末の山歩き、またウォーキングイベントに積極的に参加するなど、歩くことが健康法の一つとして受け入れられているようです。
とはいうものの働き盛りの30歳~40歳代中心に、運動不足の人は多いものですよね。
時間との戦いですから車移動を使います。そうすると歩かない。
仕事内容はパソコンに向かったデスクワークが中心。やっぱり歩かない。
どうしたって運動不足です。
その上ストレスは大きい、食生活も乱れているとなれば、40歳代の男性のおよそ半数が生活習慣病の予備軍と聞いても驚くに値しません。
これではまずいということで会社全体でメタボリックシンドローム予備軍への対策として、ダイエットを進めているところもあります。

そのためのウォーキング。

勤務時間が長く、忙しくて暇がない、わざわざ歩くために時間を取れないという人だって、歩くことを取り入れるのはそんなに困難ではないのではないでしょうか。

「ダイエットするぞ!」と張り切って、無理な運動を急に始めてからだを壊しては意味がありません。
ダイエットは体重を落とすことだけが目的ではありません。健康な体を作ることが大事なんです。健康のためのダイエットですから。
それは短期間で結果がでるものでもありません。
継続することで体質を改善し、その結果太りにくくなっています。

食後30分後からの軽い運動は、血糖値を下げる効果もありますので、糖尿病の人、またその危険因子を持っている人にオススメです。

ウォーキングには、ダイエット効果ばかりでなく、高血圧や糖尿病の運動療法としても有効です。
それは、ウォーキングは負担の少ない有酸素運動であるからです。
ウォーキングはそれまでの運動経験に関係なく実践できます。
またその日の体調に合わせて強度を調整できます。
そして、場所を選ばず日常生活の合間に行なえます。
そうじて気軽に実践できる有酸素運動といえます。

しかし、いくら気軽に始められる運動とはいえ、「1日1万歩」なんていわれると、つい尻込みしてしまうものですよね。
確かに1日1万歩を歩いたり、毎日30分以上のウォーキングを続けて行なうことで健康効果が上がります。でも最初からそれを目指そうとすると挫折します。
できる範囲で、歩くことを増やしていけばいいのです。
できるだけ階段を使うとか、一駅分歩いてみるとか。
こんなのはどうでしょう?
一駅手前で降りて、家まで歩いてみよう。
そのとき、「一駅分の運賃が貯まる」と考えてみる。
そしてしっかりウォーキングできたら、一駅分のお金で自分に御褒美を買う。

また、歩きながら見える景色や歩いた先に何か自分の興味のあるものを見つけ、その変化を毎日チェックするというのは、体によいだけでなく、脳への刺激にもなって脳力を高めることにもなります。もちろん認知症予防にも。
どんなことでもいいので機会を見つけて歩き出しましょう!

 <  前の記事 食べても太りにくいからだ・体質を作る  |  トップページ  |  次の記事 歩き出す姿勢・歩くときの姿勢  >