Top >  ウォーキングダイエット >  エクササイズウォーキング

エクササイズウォーキング

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

健康維持のため、またはダイエットのためという人も多いでしょうね。それから歩くことは頭にもよいですから、認知症予防のためと考えている人もいるでしょう。
ということはウォーキングにはたくさんの効用があるということなんですね。
景色を楽しみながら、会う人との挨拶を楽しみながらのウォーキングは、からだだけでなく、気持ちまで元気にしてくれます。

筋力アップやダイエットを目的としているならばエクササイズウォーキングがおすすめです。
エクササイズウォーキングといっても、手足を高く振り上げたり踊ったりする必要はありません。いつもより早足で歩いたり、歩幅を広げて歩くという程度でいいんです。
このように広い歩幅で速度を上げて歩くことによって、心肺機能の改善や全身の筋力アップを図ることができます。心肺機能のアップはそれ自体健康増進といえますし、また脂肪を燃焼させればメタボ予防にもなりますよね。そして筋肉が増えれば基礎代謝量が多くなって太りにくい体になれます。

心肺機能を強化するためには、脈拍を計りながら少しずつ心臓に負担をかけてみましょう。今は、腕時計に歩数計機能や心拍数測定機能が付いたものも発売されていて便利です。
お金に余裕のある人はそういうものを利用するといいですね。

始めの1週間は、値を100くらいに維持して、2日おきか3日おきに歩いてください。
それで問題がなければ、翌週は110、そして120くらいに目標を設定して歩きます。
歩く日数も、週に5日くらいに増やすと効果的です。
しかし休養日も必要ですから、週に2日くらいはストレッチ程度の日をつくってもよいでしょう。
雨の日や、気分がのらないときは、思い切ってウォーキングをおやすみすることも大切です。
翌日のウォーキングに向けての準備の日、と考えましょう。

歩く距離は、2キロくらいから徐々に500メートルずつ増やしていきます。
最終的には、1時間で6キロ歩けると理想的です。

歩幅を意識して広げて歩くことで、通常の歩行では使わない筋肉を鍛えることができます。なにも脚の筋肉に限ったことではなく、姿勢を維持するために腹筋や背筋も鍛えられますので、シェイプアップにもつながりますね。
消費エネルギーも増え、また筋肉繊維も増加して筋力アップすることができれば、上述のように基礎代謝量もアップするというわけです。
スピード、歩幅を意識して、より運動効果の得られるウォーキングを行なってください。

 <  前の記事 歩き出す姿勢・歩くときの姿勢  |  トップページ  |  次の記事 階段でのウォーキング~上るより降りる  >