Top >  ウォーキングダイエット >  ウォーキングとジョギング~どちらがいい?

ウォーキングとジョギング~どちらがいい?

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

ダイエットのための有酸素運動としてはいろいろなものが考えられますね。
たとえば水泳やサイクリングも余分な体脂肪を落とすには効果的な運動ですが、負荷が大きかったり準備が大変だったりします。水泳はプールがなければどうにもなりません。たたみ水練というわけにはいきませんし。サイクリングは自転車と、それから安全に走行できる場所が必要ですね。自転車に乗れないのではどうにもなりませんし。その人の体力やそれまでの運動歴に応じて内容を調整することが難しいスポーツです。
その点ウォーキングは、その効果はゆるやかですが、ほとんど誰だってできそうですよね。始める人の体力によってその速度や歩幅の調整ができ、場所や衣装を選ばずに始められることから、広く受け入れられている健康法となり得たのでしょう。

しかし気軽に始められるウォーキングでも、だらだらと歩いていたのではダイエット効果はあまり望めません。
できるだけ歩幅は広く、そして速度は速く歩いた分、カロリーは消費されます。
が、やはりつらくて続けないのでは意味がありませんから、はじめのうちは気楽に歩くほうがいいでしょう。

普段の生活の中で、あまり歩く速度を考えて動く機会はないですよね。
このように、意識しなくても歩ける「かなり楽」という程度の歩きを基準にし、「ややきつい」と感じる速度まで上げていくことで、筋力と持久力をつけることができるそうです。
「ややきつい」とはどの程度か、という例として「少し息がはずむが、笑顔が保てる」「いつも歩いているより速い」などがあります。
自分としてはちょっと早歩きかもしれない、くらいがちょうどよさそうですね。
しかし、歩く速度には上限があり、分速110メートルくらいになると、歩くよりジョギングする方が楽に感じられるようになるそうです。
ジョギングはウォーキングに比べ、同じ時間あたりの消費カロリーは2倍以上と言われています。それならジョギングをしたほうがいいんじゃないかと思うかもしれませんね。
でも、着地時の足腰への負担も同じように2倍以上になってしまうのですよ。それでアスファルトの上を毎日走っていたら、膝を痛めてしまうことも多いんです。

ダイエット目的の人だけでなく、これから運動を始めようとしている人には、負担が少なく長く続けられるウォーキングをおすすめします。

 <  前の記事 クールダウンで疲れを残さない  |  トップページ  |  次の記事 ウォーキング中の呼吸  >