Top >  ウォーキングダイエット >  ウォーキング中の呼吸

ウォーキング中の呼吸

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

やっぱり有酸素運動ですからね、酸素を取り入れるための呼吸は大事です。
しかし呼吸って日頃はあんまり意識しないなぁ・・・。
人間は、仕事をしているときも食事をしているときも、そして眠っているときも、ひと時も休まず、無意識のうちに呼吸をしていますね。まあ、意識しなきゃ呼吸できないというのでは大変ですよね。眠れりゃしない。
日々の生活の中でわざわざ意識して呼吸をしている人は少ないでしょう。
呼吸を意識するというと、瞑想をやっている人くらいでしょうか。
しかし少し呼吸を意識して行なうことで、腹式呼吸が身に付き、それが健康につながると言ったら「ちょっと試してみようかな」という気持ちになるものです。
あなたも何度か試したことがあるのではないでしょうか。

腹式呼吸の練習方法は、まず息を吐き切ることから始めます。
息を吐き切ったら、鼻から大きく息を吸います。
そのとき、胸ではなくお腹が膨らめば腹式呼吸です。
吐くのは鼻でも口でもかまいませんので、ゆっくり吐き切ってください。
もうこのしっかり吐き切るというのが大事なんですね。そうすると次の空気が自然に入ってきます。
意識しない呼吸は案外中途半端に空気を出したり入れたりしていますので、意識して腹式呼吸するときは完全を目指すのです。

腹式呼吸はたくさんの酸素をからだに取り入れることができます。
そのため、ウォーキング中に行なえば活発な有酸素運動ができることになります。
有酸素運動の効率が高まって血液の循環がよくなるということは、脂肪が燃焼されやすくなるということですね。ダイエット効果も高まるというわけです。
また、腹式呼吸によってストレスを抑制する効果も見られ、仕事の合間のリフレッシュとしても有効です。
また腹式呼吸をすることで腹筋や背筋も鍛えられるという運動効果も見られます。

ウォーキングで健康やダイエットに心がけている人は、呼吸も意識して歩いてみてください。
1歩を1カウントとして、始めは2カウント吸ったら2カウント吐く、という呼吸法で歩き、慣れてきたら4カウント吸って4カウント吐くリズムで歩いてみてください。
いきなり歩きながら腹式呼吸を取り入れるのは難しいかもしれません。
慣れていないと息が切れちゃいますからね。腹式呼吸のリズムが維持できないでしょう。
そのような人は、日常の中で腹式呼吸を意識して練習してください。
体内に取り込む酸素の量が低下すると、代謝が低下し、肥満の原因にもなりかねませんよ。

 <  前の記事 ウォーキングとジョギング~どちらがいい?  |  トップページ  |  次の記事 ノルディックウォーキング  >