Top >  ウォーキングダイエット >  水中ウォーキング

水中ウォーキング

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

高齢化社会とはいうものの、健康でなければ長生きする意味がありません。例えば寝たきりでで長寿であってもつらいものです。だから「自分の健康は自分でまもる」という考えの人が増えてきているようですね。積極的に運動を行なう人が増えています。
毎朝のウォーキングを日課にしたり、スポーツジムに通う人もいるでしょう。
プールも、屋内なら1年中通うことができますね。
国の医療保険もいつまで頼れるのか分からなくなってきましたので、ここは是非とも自分の健康は自分で守っていかなければなりません。

最近は、プールに「ウォーキング専用コース」を設けているところが多くなりました。
ここは文字通り、歩くための場所で泳ぐわけではありません。
プールで行なう水中ウォーキングは、たとえ泳げない人でも水の力を利用した運動ができるため、人気となっています。
ダイエットを目的としている人にも、水中では陸上と違って水の抵抗があるため消費カロリーが増えるという点でおすすめです。
また、水の浮力によりからだの重さが軽減され、足腰にかかる負荷が陸上に比べて少なくなります。それで、歩きすぎて膝が痛くなった、なんて事を避けることができます。
水中に浸かっている部分は浮力が働いて軽く感じられるということなんですが、それで運動量が減るかというとそうではありません。
その分水の抵抗も増すので、例えば肩まで水中に入ってしまうと、かえって動きづらくなってしまいます。
水中ウォーキングをするなら、水深は腰か胸の高さがちょうどよいでしょう。
慣れないうちは、浅い水深から始めて、徐々に水中での運動にからだを慣らしていってください。
プールを利用すれば、足腰だけに負担を集中せずに、全身を鍛えるウォーキングが可能となりますね。

水中に入っているからだには、水圧が均一にかかります。
そのため、水に浸っている部分の筋肉に負荷がかかり、歩行時の抵抗により効率よくカロリーを消費し、筋力アップにつながることも、ダイエット効果につながる点です。
たとえば上半身をひねったりするのでも、空気中ならなんということはありませんけど、水中であればかなりの抵抗を感じるわけです。そのぶんわき腹の筋肉なんかも鍛えられそうですよね。
また、水中では速度を上げると水の抵抗が増し、運動強度が増加します。
自分で歩いてからだで抵抗を感じながら、速度を調整できるのも水中ウォーキングのよいところです。
しかし、エネルギー消費の効率がよいから、浮力でからだが楽だから、と言って必要以上の強度でウォーキングをしてしまうと、水圧によって腰を痛めかねません。
始めはインストラクターに相談してアドバイスをもらいながら水中ウォーキングを行なうと、安全に進められるかと思います。

 <  前の記事 ノルディックウォーキング  |  トップページ  |  次の記事 シェイプアップスパッツを履いてウォーキング  >