Top >  ウォーキングダイエット >  ウォーキングの記録

ウォーキングの記録

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

ウォーキングに体質改善効果やダイエット効果を求めるのなら、三日坊主では意味がありません。継続してこそ効果が望めるものですよね。
でもその継続が難しいんだな・・・どうすりゃいいのよ?
ウォーキングを行なうことは決して楽なことではないため、やる気だけで長く続けるのは難しいかもしれません。

やる気だけでダイエットを3日坊主に終わらせないために、ウォーキングの記録をつけてみてはどうでしょうか。
記録と聞くと、かえって続かない気がする人もいるでしょうが、そんなに細かい記録ではなく、始めのうちは1日に歩いた歩数と食事内容くらいでよいでしょう。
数字にして見えるようにしておくとやる気が出てくるものですよ。
ウォーキングを始めて、歩くことを意識した生活を送ることによって、毎日少しずつでも歩数が増えていくと、さらに意欲がわいてきます。
記録に残された数字を見ることで、歩き続けることへの励みになるのではないでしょうか。
記録を続けていると、自分が一日当たりどれくらい歩くのかがだいたいつかめてきますので、そうしたら今度は前の日に目標を書いておくといいですね。明日は何歩歩こうと。そしてそれが達成できたら、前日書いた目標に花丸でもつけて完了とします。そして何か自分へのささやかな御褒美があるとよさそうですね。毎日ささやかな御褒美。それを一週間続けられたら、ちょっとだけ贅沢な御褒美、という具合にするとよさそうです。
ただ、御褒美に太りやすいものを食べるというのはやめたほうがいいでしょうけど。

ダイエットを目的としている場合には特に、食事内容の記録も大切です。
食べたものを思い出して書く、という習慣がつくと、食事への注意が増してきます。
だらだらと食べていた間食がなくなったり、バランスの取れた食事というものを考えられるようになります。
そしてダイエットであれば当然かもしれませんけど、毎日体重計に乗ってそれも記録するべきですよね。もう、それだけで痩せたという人は結構いますよ。
単に記録するだけで。

記録に慣れてきたら、歩数と食事内容に加えて体重や歩行時間、脈拍や血圧も記録していくと、日々の体調チェックにもつながり、自分で健康管理がしやすくなると思います。
ウォーキングでダイエットをするからには、結果を出したいですよね。
長く続けていくことで、数値にあらわれてくると思います。
それが目に見えて分かるというのはやる気が出るものですよ。

 <  前の記事 シェイプアップスパッツを履いてウォーキング  |  トップページ  |  次の記事 ウォーキングで脂肪を燃焼  >