Top >  ウォーキングダイエット >  ウォーキングで脂肪を燃焼

ウォーキングで脂肪を燃焼

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

ウォーキングが優れた有酸素運動であることは多くの人の認めるところです。
いや、水泳のほうがいいよ、という人もいますが、水泳は気が向いた時に手軽に実行というわけには行きませんからね。自宅にプールがあるようなお金持ちならともかく。
また、有酸素運動で脂肪を燃やすためには少なくとも20分以上続けなければいけない、と言われていることも、特にダイエット中の人ならご存知かと思います。
でも20分以上歩いておきますと、ウォーキング終了後もカロリーを消費し続けてくれますので、ダイエット効果は高いといえるでしょう。

では、有酸素運動によってどのようにして脂肪が燃やされるのでしょうか。
人間が運動を始めて、いきなり脂肪が燃やされるわけではありません。
最初は血液中や筋肉中の糖分を筋肉を動かすエネルギーとして使っていきます。
それがなくなると、肝臓から筋肉の収縮に必要な成分(ATP:アデノシン三燐酸)が供給されるのですが、それも貯蔵分を使ってしまうとなくなってしまいます。
この肝臓貯蔵分がなくなるまでの時間がおよそ20分間なのです。
すると、肝臓は体脂肪を糖分に変換し、筋肉を動かすためにATPの供給を続けるため、脂肪を燃焼できるのです。
脂肪というのはエネルギーの貯金ですから、財布の中のお金がカラッポになってから引き出されるという感じになりますね。

そのため、有酸素運動で脂肪を燃焼するためには20分以上、できれば30分間が目標となります。
効率よく脂肪を燃やすためには、血流を盛んにしておくことが必要です。
ウォーキングを行なう前に、十分なウォーミングアップをして血流をよくしておくことが大切ですね。体を温めて、全身の血行をよくしておくと共に、筋肉やアキレス腱なんかをほぐしておきます。そうするとダイエットの効率も上がりますし、怪我をすることも減ります。十分なウォーミングアップができていれば、1回に10分のウォーキングを3回に分けて行なっても効果があるとも言われています。
始めから「30分間歩こう」と気合を入れて、結局続かなければ意味がありません。
ダイエットでも健康維持でも、ウォーキングを継続してこそ効果があるものです。

無理せず、徐々に時間を増やし、最終的に30分以上を目標にして歩き出してみてください。気持ちよく歩ければそれでいいのではないでしょうか。

 <  前の記事 ウォーキングの記録  |  トップページ  |  次の記事 赤筋が脂肪を燃やす  >