Top >  ウォーキングダイエット >  赤筋が脂肪を燃やす

赤筋が脂肪を燃やす

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

私たちのからだを動かす大きな役割を果たしているものに「筋肉」があります。
筋肉と聞くとボディービルダーみたいな体を思い浮かべるかもしれませんが、あれだけじゃないんですよ。
筋肉は、自ら動き続ける心筋、血管や胃腸を収縮させる平滑筋、骨を動かすことでからだの動きをつくる骨格筋と、大きく3種類に分けることができます。
さらに骨格筋には、白筋(速筋線維)と赤筋(遅筋線維)があり、一般の人はこれらの割合がおよそ半々です。
しかし筋力や瞬発力系のアスリートでは白筋の割合がやや多くなり、マラソンなどの持久力系のアスリートでは赤筋の割合がかなり多く白筋との比が4:1ほどにもなります。一流のスポーツ選手というのは一般人とは全く違うからだのつくりをしているのですね。
それではどちらがダイエットにより役立ってくれるのでしょうか。
短距離走とマラソンとで、どちらが脂肪を燃やしてくれそうかを考えると推測できそうです。

赤筋は酸素を取り込むための毛細血管が多く、赤く見えるため赤筋と呼ばれます。
ということはなんだか血液からたくさん酸素と栄養を受け取って移送な気がしますねぇ。
赤筋は、長時間の運動を可能にして持久力をキープすることに優れています。
長期間海を回遊するマグロの身が赤いのも、そのためです。白身の魚はあんまり泳ぎまわらないやつが多いですよね。鯛とかもそうでしょう。

毛細血管がたくさん通っているということで、赤筋は血液により運ばれてくる酸素を使って脂肪を分解し、エネルギーを生産する能力の高い筋肉となっています。
そのため、運動をしてダイエットを成功させたい人は、赤筋を鍛えて育てるとよさそうですよね。そうすることで効率的に脂肪を燃焼することができます。

有酸素運動であるウォーキングを長い期間続けていると、赤筋が発達してきます。
赤筋が発達すると、同じ運動量でもエネルギー消費量が多くなるため、太りにくいからだを作ることができます。
赤筋は、普段から姿勢を正すことを意識するだけでも鍛えることができます。正しい姿勢をとり続けるというのは、ダイエットにとって大事なのです。もちろん立ち居姿も美しくできるので一石二鳥ですね。正しい姿勢を維持しながら全身を使ってウォーキングをすることは赤筋を鍛えるための最適な運動と言えそうです。

ウォーキングを行なうことで赤筋が鍛えられ、基礎代謝がアップし、さらにウォーキングの効果が向上する・・・
ダイエットだけでなく、年をとっても運動能力を維持できるように、ウォーキングを継続できるとよいですね。

 <  前の記事 ウォーキングで脂肪を燃焼  |  トップページ  |  次の記事 ウォーキング後の牛乳で筋力アップ  >