Top >  ウォーキングダイエット >  ウォーキング後の牛乳で筋力アップ

ウォーキング後の牛乳で筋力アップ

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

やせるためにウォーキングをしているというのは正解でしょう。有酸素運動によって脂肪を燃焼させることができます。
しかし有酸素運動だけでは効率が悪いのです。ダイエットを本当に成功させるためには、太りにくいからだを作ることが大切になります。つまり基礎代謝量の高い体ですね。
たしかにウォーキングを行なうと、汗もかきますし、20分以上有酸素運動を続けることでからだの余分な脂肪を燃焼させ、体重や体脂肪率が減少します。
しかしそれだけでなく、ウォーキングを続けることで筋肉を鍛えれば、基礎代謝が上がり、運動をしていないときに消費するエネルギーも増やすことができるのです。
脂肪を燃焼させるために毎日毎日歩くというのは大変ですけど、筋肉が増えれば基礎代謝量が上がりますので、何もしなくてもエネルギーをより多く消費してくれることになります。
ダイエットを目的にしているなら、エネルギーを効率よく消費できるからだを作りたいですよね。

ということで筋肉をつけなければなりません。

ウォーキングで筋肉を鍛えるには、運動後に牛乳を飲むとよいでしょう。
運動をした後は、からだが筋力アップのために、タンパク質を必要としています。
運動後できれば1時間以内にタンパク質を摂取するのがよいと言われます。
タンパク質を含む食品などもありますが、運動後にすぐ飲める手軽さや吸収率のよさを考えると、やはり牛乳が摂りやすいのではないでしょうか。もちろんカルシウムも含まれていますので、骨の健康にも役立ちます。骨粗鬆症予防にもなりそうですね。
また、サプリメントなどは牛乳に比べて高価になりますが、吸収されやすく開発されていますし、簡単に飲むことができますので、利用してみてもよいかと思います。

基礎代謝量をアップさせて、じっとしていてもエネルギーを消費できるからだを維持していけば、ダイエットも成功したようなものです。太りにくい体質を獲得できたということですから。
短期間での急激な変化、効果は見られませんが、正しいウォーキングと食生活を継続して行なうことで、からだはきちんと変わってきます。
やせるためだけでなく、健康的な生活を送るためにも、がんばって続けてください。

 <  前の記事 赤筋が脂肪を燃やす  |  トップページ  |  次の記事 赤筋が脂肪を燃やす  >