Top >  ウォーキングダイエット >  カフェインの脂肪燃焼効果

カフェインの脂肪燃焼効果

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

会社の健康診断で太りすぎを指摘された、ダイエットしなくちゃ。
最近高血圧ぎみだ、なんとか改善しないと・・・。
定年後の趣味に・・・。
他にもいろいろあるでしょうけど、ウォーキングを始めるきっかけはさまざまです。
どんな目的にしろ、楽しく健康的に歩くことが基本ですね。いやいや歩いていたのでは続くわけはありません。
ところで、ウォ-キングといえば水分補給が大事なのですけど、みなさんどのようにしているのでしょうか。
ウォーキングを始める前にはもちろん水分補給をしてから出かけてください。
また、20分以上の時間を歩く場合も、水筒を持参して途中で水分補給をしてください。
ちゃんと水分を補給しないと、血液がドロドロになってしまって体に悪いですからね。特に夏は気をつけませんと、熱中症などで倒れてしまいます。
その場合は、一気にがぶ飲みするのではなく、こまめに口を湿らす程度に飲むのがからだにも負担をかけず、よいかと思います。

ダイエットの目的でウォーキングを始める人なら、歩く前にコーヒーを飲んでみるのはいかがでしょうか。
コーヒーには脂肪燃焼効果がある、なんてテレビで見たことはありませんか?
これは、コーヒーに含まれるカフェインが働いているようです。
カフェインにはアドレナリンというホルモン分泌を促す作用があり、このアドレナリンには脂肪の分解を促進する働きがあるのです。
そのため、運動を始める前にカフェインを摂取していると、摂取しなかった場合に比べて効率的に脂肪が燃焼しやすくなると考えられます。
しかし、どれだけのカフェインを摂ればどれだけの脂肪が燃やせるのか、という結果は個人差が大きい部分で、効果を感じられない人もいるのは確かです。
効果が感じられないからといってあんまりたくさん飲みすぎると体に悪そうですよね。だいたい、水分補給をコーヒーだけに頼るのは間違っていますので、他の飲み物、たとえばスポーツドリンクなどと併用しましょう。
カフェインには利尿作用がありますので、かえって水分が不足してしまう可能性もあります。

効果を出そうと、運動前の空腹時に大量のコーヒーを飲むことは控えてくださいね。
コーヒーの刺激で胃をいためてしまいかねません。
また、お砂糖、ミルクたっぷりのコーヒーを飲んでから歩くのでは、摂取カロリーが多くてダイエットには逆効果ですので、ブラックで飲むようにしてくださいね。

 <  前の記事 足裏マッサージで血行促進  |  トップページ  |  次の記事 足裏マッサージで血行促進  >