Top >  ウォーキングダイエット >  食事制限と適度な運動で脂肪を減らす

食事制限と適度な運動で脂肪を減らす

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

ダイエットというと、とにかく食べる量を減らす、というイメージがあるかもしれません。ダイエットのもともとの意味が「食事制限」や「食事療法」ということですのでそれも当たりまえかもしれませんね。
たしかに、食事で摂るエネルギーを大きく減らす、つまり入ってくるカロリーを減らせば、その分の体重を落とすことはできます。
しかしこのような食事制限だけによるダイエットの場合、脂肪だけでなく、からだに必要な筋肉まで落ちてしまうという問題が出てきてしまいます。
特に女性の場合は筋肉なんか必要ないんじゃないかと思うかもしれませんが・・・とんでもない!

筋肉は、基礎代謝を上げてリバウンドしにくいからだを作るために不可欠な存在です。
筋肉でカロリーは消費されますので、筋肉があるだけで代謝量の基本が上がるというわけです。
食事を減らして脂肪とともに筋肉も落としてダイエットをすると、多くの場合、食事制限をやめたとたんにリバウンドを繰り返します。筋肉が細くなりますとカロリー消費も減ってしまいますので、その後は脂肪がつきやすくなってしまうのも当然です。
リバウンドしないダイエットとは、筋肉量をキープしながら脂肪だけを減らすという方法がベストです。
そめには、バランスのとれた食事と、適度な運動が欠かせないのです。
食事制限といっても、無理に減らしてしまうのはよくありません。あくまで食べ過ぎている分をカットするというのが大事で、ごく普通にバランスの取れた食事をとっているのなら問題ありません。

ウォーキングに代表されるような運動を行なえば、からだの脂肪がエネルギーとして消費され、筋肉はそのまま残ります。
運動と言っても、趣味で行なう人も多いテニスやゴルフでは、残念ながら脂肪はあまり燃えません。
脂肪を燃やすための運動と筋肉をつけるための運動は分けて考えるべきですね。

からだの中で脂肪を燃やすには有酸素運動が効果的だといわれています。つまり運動をしながら体内に酸素を取り込む運動ですね。
激しい運動では、呼吸が追いつかず、酸素を取り込むことが難しくなってしまいます。
その点、ウォーキングやサイクリングなどは、ゆったり続けられる上、体調を見ながら自分で調整できるため息が上がってしまうこともなく、酸素を十分にからだに取り入れながら運動を続けることができますし、体に無理をかけないという点でも優れている運動です。
このような有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的であるだけでなく、長期間続けることによってホルモンバランスを整えたり、生活習慣病を予防する効果もみられます。

食事制限だけの負担のあるダイエットをせず、運動も行なって、リバウンドのない健康で美しいからだを手に入れてください。そうすればダイエットに役立つだけでなく、生活習慣病の予防にもなることと思います。

 <  前の記事 女性の生理周期~ダイエットしにくい時期  |  トップページ  |  次の記事 食べても太りにくいからだ・体質を作る  >