Top >  ウォーキングダイエット >  食べても太りにくいからだ・体質を作る

食べても太りにくいからだ・体質を作る

3ヶ月で13キロ、美容と健康を保ちつつ減らした方法はこちら

ダイエットとは体重を落とせば成功ではなく、落とした体重を維持しなければ意味がありませんよね。
リバウンドを繰り返していると、以前よりも太ってしまうことになりますので、ダイエットは太りにくいからだを作ることを目的として取り組むべきでしょう。
リバウンドの原因の一つに、脂肪と一緒に筋肉まで細くしてしまうことがあります。
脂肪は落として筋肉は落とさない、これがダイエット成功の秘訣と言えます。

カロリーというのは筋肉で消費されますので、筋肉をつけると、その分、基礎代謝量がアップします。
基礎代謝量というのは、簡単に言えば寝ていても消費されるカロリーのことですから、筋肉が増えれば何もしていなくても消費するエネルギーもアップするため、ダイエットを終了して食事をもとに戻してからも、リバウンドしにくくなります。

そんな太りにくいからだを手に入れるため、ウォーキングなどの有酸素運動でからだの脂肪を落とすことにプラスして、筋肉をつけるための運動を組み合わせることをおすすめします。有酸素運動は直接脂肪を落とし、筋力トレーニングは長期的に脂肪のつきにくい体を作るということになりますね。

手軽な筋肉運動として、ダンベル体操は人気があります。
筋肉を鍛えたい部位によってさまざまな体操がありますが、ここでは、背中に効果的な運動を例として挙げてみます。背中の筋肉は体の中でも大きいものですし、それに背中には脂肪を燃やす細胞が集まっています。

まず、ダンベルを両手に持ち、足を肩幅くらいに開いて腰を落として立ちます。
このとき膝を少し曲げて、おしりを少し突き出すような姿勢になります。
次にその姿勢から両肘を伸ばしたままダンベルを横に持ち上げられることろまで上げ、またもとに戻します。鳥みたいに羽ばたく格好になりますが、急いでやってはいけません。
このときの注意点は、腕を伸ばしたまま、また手首は動かさないことです。
そしてどの動きも勢いをつけずにゆっくりと行なってください。
これを10回、慣れたら20回行ないます。

ダンベル体操もウォーキングと同じで、継続しないと効果はでません。
ただ、筋肉というのは「超回復」の期間が必要ですので、毎日やるよりも1日おきにやったほうが効果的でしょう。
「お風呂にお湯をためている間に」とか「このニュース番組の間に」など、毎日の日課に取り込むと続けやすいのではないでしょうか。

またエクササイズをわざわざ行なう以外にも、日常の運動量を上げるために、例えば電車やバスは基本的に立っている、2階までなら階段を使う、また、単に姿勢をよくして歩くというだけでも大きなダイエット効果があります。
自分の中でルールを作ってやっていくのがよさそうですね。
ダイエットを成功させるには、食事、有酸素運動、筋肉運動、そしてなにより継続させる気持ちが大切です。
美しく健康的になった自分の姿をイメージして、今日も張り切って動きましょう。

 <  前の記事 食事制限と適度な運動で脂肪を減らす  |  トップページ  |  次の記事 歩くことのすすめ~心と脳と体のために  >