オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  床暖房 >  オール電化で使う電気式暖房について

オール電化で使う電気式暖房について

オール電化住宅では、夏はもちろんエアコンの冷房を使います。
暑さに耐えられる人なら扇風機だけでもOKですね。窓を開けて換気扇というのもありです。

では冬はどのような暖房にしたら良いのでしょう。
もちろんエアコンの暖房を使えばいいのですが利点も欠点もありますね。

電気式の暖房の良さは、空気を汚さないことです。
燃焼系の暖房器具ですと、どうしても火を燃やすので、酸素を消費し二酸化炭素を吐き出します。
また、微量ながら汚染物質も出るでしょう。
そして酸素が不足したとなればおそろしい一酸化炭素も発生してしまいます。
火を使った暖房は空気が汚れますし、換気を十分にしなければいけません。
ただ、灯油を使う暖房は燃費に優れているという利点がありました。
でも最近はそうでもなくなってきているのですよね。

さて、電気を使った暖房の方法は、大きくは3種類に分けることができます。

一つ目は、室内の空気全体の温度を上げる暖房です。
暖まった空気を風で送りますので急速暖房が可能ですね。即効性があります。
エアコンやセラミックファンヒーターなんかがありますが、
セラミックファンヒーターで部屋全体を温めるのはちょっと絶望的ですね。
エアコンは即効性があり、暖房としてはとてもポピュラーです。
しかしエアコンといえば天井の辺りだけ暖まって床付近は寒い・・・というイメージがあります。
最近のエアコンはだいぶ進化し、
天井付近と床付近の温度差が減らされる工夫がされているものも出てきました。
難点は、空気が乾燥しやすいことです。
乾燥は身体に良くありませんので、加湿器を併用すると良いでしょう。
冬の乾燥は風邪のもとになってしまいますからね。
セラミックファンヒーターには加湿機能が付いた便利な物もあります。

二つ目は、赤外線を使った暖房です。
この暖房方法は風の対流がないので、軟らかい暖かさが部分的に作用します。
電気ストーブやハロゲンヒーター、こたつなどがこのタイプになります。
遠赤外線の場合、身体の表面だけでなく中まで温めることができます。
この暖房のみでは狭い部屋なら良いですが、広い部屋を暖めるには不向きです。
無理をすれば部屋全体を温めることはできますが、
温度上昇に比して消費電力が多すぎるので電気代の請求書を見てびっくりします。
広い部屋では、部屋全体を暖める暖房と併用して使うことになるでしょう。

三つ目は、熱を発するものを身体に接触させて暖めるもの。
電気カーペットや電気毛布がこれになります。
部屋全体を暖める暖房と併用して使います。
ホットカーペットはわずかながら部屋全体を温めるはたらきがありますね。

オール電化住宅の暖房で一般的になりつつあるのが、床暖房と蓄熱式暖房です。
床暖房は、足下から徐々に暖まる、理想的な暖房です。
エアコンのように乾燥を気にしなくていいですし暖気が上にたまることもないです。
しかしリフォームをする場合に工事が大がかりになることと、すぐには暖まらないのが難点です。
蓄熱式暖房は、夜間の安い電気を使用して熱を蓄え、蓄えた熱を翌日使うタイプです。
蓄熱式暖房は24時間暖房ができ、寒冷地に向いています。
光熱費を考えると蓄熱式はいいかもしれません。

オール電化にせっかくするのでしたら、効果的な暖房を1つだけ使用して、
電気代を節約するようにすると良いですよね。

 <  前の記事 オール電化・太陽光発電でエコロジー・エコノミー  |  トップページ  |  次の記事 オール電化リフォームにどれくらいの費用がかかるのか  >