オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  オール電化リフォーム >  オール電化リフォームにどれくらいの費用がかかるのか

オール電化リフォームにどれくらいの費用がかかるのか

光熱費を節約したいと思うけど、何かいい方法はないか、と思って目に付くのがオール電化。
家の新築またはリフォームを考えている場合は特にそうでしょう。
でもオール電化住宅って経済的という触れ込みだけど、初期費用は高いのではないか。
オール電化にリフォームしたいけど、費用が気になるという方は多いでしょう。

初期費用には、それぞれの機器の本体のお値段に加えて、設置するための工事費などがかかります。
今ある家をオール電化にリフォームするには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
オール電化とは簡単に言えば、ガスコンロと温水器と暖房を電気式のものにするだけです。

1.ガスコンロ→IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターはビルトインタイプの場合、本体は15~35万円ほどです。
工事費が5~10万円くらいかかります。合計20~45万円。
工事費には、専用回路配線工事、ガス台撤去処分、ガス閉栓工事、諸経費を含みます。


2.ガスの湯沸かし器・給湯器→電気温水器またはエコキュート

エコキュート本体の価格は、だいたい45~80万円とかなりの値段です。
家族の人数によって、大きさと価格がちがってきます。
工事費は10~15万円。合計55~95万円で導入できます。
工事費にはエコキュート設置工事費、電気工事費、発生廃材処分費を含みます。

IHクッキングヒーターとエコキュートの二つの機器を導入するだけで、
最低でも60万円以上となってしまいますね。
そしてこれらの機器を使用するために専用の200ボルト用電線を引き込む工事が必要です。
またエコキュートは貯湯タンクを設置するための基礎工事が必要になります。

オール電化の初期費用は馬鹿になりませんね。
でも、ランニングコストを考えると、オール電化のほうが得になります。
特に、エコキュートは夜間の安い電気を使うことができますので電気代の節約になります。
長く使って数年後に元を取るという感じになりますね。


3.石油ストーブやガスファンヒーター→電気の暖房器具

電気の暖房は、色々ありますが、オール電化住宅でポピュラーなのは、蓄熱式暖房と床暖房です。
床暖房にもいろいろ種類がありますが、最近では、既にある床の上に設置できる上張りタイプもあります。
床が痛んでいると上張りタイプは無理なこともあるようです。
費用は床材が40~65万円、工事費がだいたい10~15万円。合計50~80万円。
工事費には床暖房設置工事費、電気工事費、専用回路配線工事費を含みます。


リフォームの費用は決して安くはありません。
しかし、経済性、安全性、快適性などを長い年月で考えるとメリットは多いです。

販売取り付け業者によって工事込みの割引価格を設定していますので、
2,3業者に見積もりを取るとよいでしょう。
「オール電化にしませんか」という飛び込み営業をしているところもあります。
当然ですが1つの業者の言うことだけを信用して、すぐに契約、というのはまずいパターンですね。
業者によっては相場より値段が高いこともありますからね。

ガスを解約することになりますので、ガスメーターの撤去などに費用が掛かります。
解約時にガス会社から解約金を請求されることもあるのですよ。
そのへんは前もってガス会社と話し合っておかなければなりません。

 <  前の記事 オール電化で使う電気式暖房について  |  トップページ  |  次の記事 オール電化の普及率  >