オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  オール電化リフォーム >  オール電化の普及率

オール電化の普及率

オール電化住宅だけでなく、オール電化マンションもふえてきましたね。
各電力会社でも、オール電化への移行を勧めています。
まあ、電力会社がオール電化をすすめるのは当たり前ですね。
また、セキスイハイムでも、「光熱費ゼロ」というふれこみで、
オール電化+太陽光発電の家を宣伝しています。
原油価格高騰の折ですから光熱費ゼロが実現すればすばらしいですよね。
また、電力会社がすすめるだけでなく、
オール電化住宅で使われる「エコキュート」には、国が補助金を出しています。
オール電化を国も奨励しているということです。

省エネルギーで経済的、クリーンで快適な住まい、エコロジーかつエコノミー。
いいイメージがたくさんあります。

それでは、現在のオール電化の普及率はどのくらいになっているのでしょうかねぇ。
じつは、新築物件を求める人の約半数がオール電化住宅を選ぶというデータがあります。
また、既存住宅のオール電化へのリフォームも増え、オール電化の普及率はますます上がりそうです。
物件数を挙げてみましょう。

・2004年度は約13万件
・2005年度は約20万件
・2006年度は約23万件

このように年々増加の傾向にあります。
地域別で見ると、新築のオール電化住宅を建てる割合は、北陸が最も高いです。
雪国ということが影響しているのでしょうかね。
地震の影響も考えられるかもしれません。
地震の時も電気の復旧は他のライフラインに比べて早かったそうですから。

富士経済の発表によりますと、
新築とリフォームのオール電化住宅戸数を、
2006年度は関東エリアで前年よりも30%増、
関西エリアでは13%増、中部エリアでは10%増となっています。
そしてオール電化住宅は今後もずっと増えていくことを予想しています。

オール電化住宅の普及率の多さに対して、
オール電化マンションの普及率は全体の5%程度と少なくとどまっています。
これには、オール電化のコストが関係していると思われます。
オール電化機器は、ガス機器に対して初期費用が高いのですね。設備自体が高価なんです。
また、マンションの引き込み工事などもガスの方が安くできるようなんですね。
だから、オール電化マンションをつくるには、建設コストがかかってしまいます。
また、マンションの値段も少し高くなってしまうようですよ。
すべてがそうとは限らないようですけどね。

しかし、集合住宅で火を使わないことは、今後高齢者が増えることから、安全面で期待されています。
高齢化を考えるなら、オール電化マンションも、今後増えていくでしょう。

現在は、原油高で、ガソリンや石油の値段が高騰しています。
今後も原油高が続くのであれば、オール電化はもっと見直され、注目を集めるでしょう。
オール電化のほうが光熱費を抑えることができるようですから。
冒頭で述べた「光熱費ゼロ」つまり太陽光発電を取り入れた家であれば、
ゼロにできるかどうかは別として光熱費の劇的な節約ができるでしょう。
また、災害時の火災の心配からも、オール電化は注目を集めています。
富士経済は2015年の時点では、約33万件まで増えると予想しています。

 <  前の記事 オール電化リフォームにどれくらいの費用がかかるのか  |  トップページ  |  次の記事 オール電化住宅と普通のガス・電気併用式住宅との比較  >