オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  エコキュート >  オール電化住宅と普通のガス・電気併用式住宅との比較

オール電化住宅と普通のガス・電気併用式住宅との比較

オール電化住宅と、従来型のガス・電気併用式住宅を比較してみます。
もちろんそれぞれに利点と欠点がありますので参考にしてみてください。

まず、オール電化で使用するIHクッキングヒーターとガスコンロとを比較しましょう。

IHクッキングヒーターでは使える鍋が限られてしまいます。
IHクッキングヒーターに使用する鍋は、鉄の鍋がもっともよいとされています。
なぜなら、IHを使う場合、鉄が鉄効率が最もよいからです。
最近では、オールメタル対応の製品も出まわるようになりましたね。
しかし鉄以外の金属を使用すると、熱効率が下がってしまうようです。

熱効率で言うと、やはり、ガスの方がよいということになるでしょうね。
IHが熱を伝えることができるのは金属の鍋だけなんです。鍋の周辺部分を熱することはできません。
IHでチャーハンがおいしく作れるかどうかと心配する人もいます。
IHでも、もちろんおいしいチャーハンは作れますが、
料理にこだわりのある方は、IHよりも火力の強いガスコンロを選ぶ方が多いそうです。
IHでは、鍋を置いたままにして調理することになりますからね。
炎の上で、フライパンをゆすったりということはできなくなりますね。

IHの優れている点は、電気ですので二酸化炭素などをださず、室内の空気を汚さないということです。
ガスコンロのように室内で火を使うと、室内の酸素が消費されていきます。
そして最悪の場合は酸素不足によって一酸化炭素が排出されてしまいます。

ガスコンロやガス湯沸かし器を使う時は換気を徹底しないと、一酸化中毒になる危険性があります。
IHでは、火を使いませんので、酸素が欠乏することはありません。
もちろん、炎を使わなくても人の呼吸などで室内の空気は汚れてきますので換気は必要ですが、
ガス使用時ほどの換気は必要ありません。
ただ、調理時には多少の水蒸気などが発生しますので、IH専用の換気扇で換気する必要があります。

IHは表面が平らですので、キッチンの見栄えが良く、とてもお洒落です。
表面が平らですのでお掃除は手軽にできますね。汚れたところでさっとふき取っておけばいいです。
一方、ガスコンロはとても汚れやすく、掃除が大変です。
キッチンの見栄えを気にする方はIHを選ぶでしょう。

では、次にオール電化で使用する電気温水器と、ガス給湯システムとを比較してみます。

オール電化ではエコキュートというとても優秀な電気温水器があります。
「ヒートポンプ」という温熱方式を採用しでいます。「空気でお湯を沸かす」というやつです。
これは省エネルギーでランニングコストも低くおさえることができます。
なぜかといいますと深夜の安い電力を使うのですね。
深夜のうちに90度と非常に高温のお湯を沸かしてしまいます。
そして、沸かしたお湯は貯湯タンクに貯めておき、次の日に使用します。
残念なことは、貯めておいたお湯を飲用に利用できないことです。

一方、ガス湯沸かし器はガスの炎で瞬間的にお湯を沸かすので、新鮮なお湯を供給することができます。
ためておいて古くなったお湯を使うということにはなりません。
しかし、ガス湯沸かし器は火を燃やすので、二酸化炭素を排出してしまいます。
室内に排出しないとしても地球温暖化のもとにはなってしまいますね。
エコキュートは二酸化炭素を排出しません。
とても地球にやさしいのです。
エコキュートの欠点は、設備が大きいので場所を取ってしまうことです。
一方、ガス湯沸かし器はコンパクトで場所を取りません。

いずれにしても、欠点はあるものです。
オール電化を導入するかどうか、色々比較検討してみて、
ご自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

 <  前の記事 オール電化の普及率  |  トップページ  |  次の記事 オール電化のメリット 家事と火事  >