オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  エコキュート >  空気でお湯を沸かすエコキュートの仕組み

空気でお湯を沸かすエコキュートの仕組み

オール電化の普及とともに、エコキュート、なんてよく耳にするようになりました。
頻繁に放映されるオール電化のCMでよく聞かされているだけかもしれませんが、
エコキュート、なんとなく名前と仕組みはわかるような、わからないような・・・。
でも実際、「空気でお湯を沸かす」といわれてもどんな仕組みかはわからない。
なんて思っている方、多いと思います。

そんなオール電化の代表格、エコキュートとはなんなのかちょっと調べてみました。

お湯を沸かすといっていることからわかるとおり、エコキュートとは給湯システムの名前です。
お風呂のおゆなんかもわかせるんですね。
そのエコキュートをすごく簡単に言ってしまうと「空気でお湯を沸かす」となります。
言葉のとおり、空気でお湯を沸かしているのですが、
いくら暑い日でも空気の温度なんて40度そこそこです。
それなのになぜ空気でお湯を沸かすことができるのでしょうか。
そのポイントは「圧縮」にあります。
エコキュートの最初のステップは、まず大気中の熱を吸い上げることから始まります。
そこで吸い上げられた熱は、まだまだお湯を沸かせるほどの高温にはならないんです。
でもその熱を圧縮するとあら不思議、高温になるんですね。
実は、この原理、圧力鍋も同じ、なんですけど、原理の説明は私にはできませんTT。
圧をかけると高温になるから調理時間が短くなるんですね。

空気を圧縮することで高温熱は用意できましたが、
その熱を、タンクの中の水に運ばなければお湯は沸きません。
その運び屋の役目つまり冷媒の役目をしているのが二酸化炭素なんです。
冷媒の代表格は、かつて冷蔵庫やエアコンに用いられていたフロンです。
フロンは、オゾン層を破壊してしまうガス。
二酸化炭素は地球温暖化につながるんじゃないかと思いますが
実際フロンガスは二酸化炭素の1500倍以上も地球温暖化に対する影響を持っているガスなのです。

電気の力だけではなく、空気を圧縮して高熱を発生させるのでエコノミー=経済的。
かつフロンではなく二酸化炭素を冷媒としているのでエコロジー=地球に優しい。

エコキュートのエコには二つの意味が含まれているのですね。

 <  前の記事 オール電化のメリット 家事と火事  |  トップページ  |  次の記事 オール電化のデメリット 避けられない電磁波  >