オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  オール電化メリット・デメリット >  オール電化のデメリット 避けられない電磁波

オール電化のデメリット 避けられない電磁波

オール電化にはメリットがたくさんありますので人気が出ているんですよね。
「火を使わないから安全」「光熱費が安くなる」などが主なメリットですが、
ユーザーの満足度が90%以上であることからもオール電化の利点は証明されています。
でも、良い面もあれば、悪い面もあるのが世の常。
オール電化にもデメリットがあるのです。

オール電化のデメリットの中で気がかりとなるもの。
オール電化ですから、家庭の機械は全部電気で動かすことになります。
そして、電気製品がかならず放出するものといえば・・・

「電磁波」ですよね。

携帯電話が普及し始めた頃に、一時電磁波の問題が懸念されました。
実際、欧米ではかなり厳しく電磁波の基準を決めているようです。
しかし日本ではまだそれほど電磁波に対する意識は高くないのですね。
電磁波による影響というのは電磁波が人体に良くない影響を及ぼす可能性が高いということなんです。
電磁波に対するこういう認識は欧米ではかなり一般的に浸透してきています。

具体的にどんな影響があるのかというと、軽いものだと頭痛や吐き気などがあります。
頭痛などはパソコンを使っていてもありますね。この場合は電磁波が原因かどうかは微妙ですけど。
そして、もっとも懸念されているのは、がんや、白血病の発症率が高くなる可能性があるそうです。
こんなことを聞くとちょっと怖くなってきます。

もちろん、電磁波を浴びた人すべてががんや白血病になるというわけではありません。
あくまで、可能性が少しだけアップするということです。
可能性が高まるのも、長時間電磁波を浴び続けた場合に、より可能性が高まるようです。
タバコやお酒と同じですね。

電磁波を強く発生するものとして、携帯電話は有名なのですけど、
オール電化でいえば、その代名詞ともいえるIHクッキングヒーターがあります。
ただ、電磁波は、電気を使用しているかぎり、避けることは困難です。
パソコン、テレビ、ドライヤー、ホットプレート、こたつ、ホットカーペット等々、
あげればきりがありません。まさに電化製品全部ということになってしまいます。

現代の日本で生きていく以上、電磁波を浴びずに暮らしていくことは不可能です。
でも、対策方法はあります。
もっとも手軽な対策法。それは、長時間の使用は避ける、ということです。
あんまりながいあいだ、電磁波を浴びないようにする工夫をしましょう。
携帯電話やパソコン、テレビは長時間使う可能性の高いものですよね?
それと、距離をとることも大切なようです。

オール電化住宅の機器の中で、身体に近いところで使用するのは、IHクッキングヒーターです。
IHクッキングヒーターの位置は、女性の腹部付近になりますので、
妊娠している女性が調理するときに電磁波の影響が心配されます。
また、小さい子供のちょうど頭部付近になります。
では、IHクッキングヒーターの電磁波は、安全なのでしょうか?
IHクッキングヒーター付近には調理をしている時には、
周波数20~30キロヘルツの電磁波が発生します。
これらの電磁波については、他の家電から出る電磁波とだいたい同じくらいのものです。
電力会社では、通常に使用すれば人間の健康に影響を与えるほどのものではないという判断が出されています。もちろん、健康に悪影響のあるものを「安全」と言って売るわけにはいきませんので、信用できるでしょう。
ただ、やっぱり何時間も調理中のIHの前にいることは避けたいですね。
IHの前に長時間立っていることは少ないのではないでしょうか。
毎日2時間も3時間もIHの前に立ちっぱなしなんて人はいないと思います。
煮込み料理をする場合だって、鍋はかけておいても、自分はキッチンから離れますよね。
何時間も鍋のそばでじーっと見ているなんて人はいないでしょう。

でも、オール電化にすることで、より多くの電磁波を浴びた生活になることは否めません。
オール電化の検討をしている方は、多くのメリット面を考慮し、
かつ電磁波や他のデメリット面も納得しておく必要はありそうです。

それにしても電磁波って何なのでしょう。
電磁波とは、放射線・電波・光の総称です。光も電磁波なんですね。
電気が流れているところでは、電磁波が発生すると思って良いでしょう。
代表的なところでは、ヘアドライヤーの電磁波です。
ヘアドライヤーは頭部付近で使用するので、健康への影響が心配されています。
また、テレビの画面から電磁波が出ていることは結構知られています。
テレビからは2メートルは離れた方が良いと聞いたことはありませんか?
ちょっとした豆知識ですが、テレビではプラズマテレビが意外にも電磁波が少ないです。
液晶テレビは電磁波が多めなんですけどね。
それからホットカーペットは電磁波が多いようですね。

電磁波に関しては、電気を使用した生活を続ける限り、全く浴びずに生活するのは不可能です。
オール電化住宅だから電磁波の影響を強く受けるという考えは間違っています。
しかし、体質的に電磁波の影響を強く受けてしまう方もいらっしゃいますので、
オール電化の導入はよく情報を集めて吟味してから決めましょう。
参考:電磁波測定(オール電化住宅)

ちなみに電磁波をカットしてくれる製品としてはエルマクリーンなんて物があります。
あとは麻が電磁波を防いでくれるということですね。

 <  前の記事 空気でお湯を沸かすエコキュートの仕組み  |  トップページ