オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  光熱費ゼロ住宅 >  光熱費ゼロ? オール電化と太陽光発電

光熱費ゼロ? オール電化と太陽光発電

石油価格がずいぶん高騰してしまいましたね。
ガソリンや灯油だけが値上がりしたわけではありません。
穀物から作るバイオエタノールが注目されたせいで
小麦などの値段も上がって、カップラーメンや食パンなど思わぬものまで
原油高の影響が及んでしまいました。
原油高の原因はあらゆる因果関係があるので一概には言えませんが、
石油は限りある資源である、というのもその一因になっています。

そんな中、無限の資源であり、かつ環境に無害である太陽エネルギーへの注目が高まってきています。
私たちの生活に直接かかわってくる太陽エネルギーのひとつに、太陽光発電があります。
太陽光を利用する発電であれば、資源としては無限といってもいいでしょうし、
また、環境に与える負荷もほとんどないと考えてもよさそうです。
発電の過程で、二酸化炭素も硫黄酸化物・窒素酸化物も出しませんからね。
生活電力のすべてを太陽光発電でまかなうことができたらすばらしいことですよね。
これほど地球に優しい生活はないのかもしれません。

でも、太陽光発電システムを導入するにはそれなりの設備投資が必要となります。
地球のためなら財を惜しまない、と損得考えずに投資できる人はあまりいないでしょう。
こういうことはお金を持っている人が率先してやるべきなんですけどね。
実際問題、投資に見合った見返りがなければなかなか導入には踏み切れませんよね?
とある住宅メーカーが、「光熱費ゼロ住宅」を前面に売り出していたりしますが、
もしそれが現実的なものになればまさに地球にもお財布にも優しい暮らしができるわけです。
電線が切れて停電になりました、なんてこともなくなりそうですよね。
大地震のせいでライフラインが切断された時もかなり使えるのではないでしょうか。

太陽光発電システムを導入した場合、
自家発電をして使い切らずに余った電力は売り、足らない電力は買う、という形になります。
電力会社を相手に商売ができるということです。
太陽の照っている昼間は、文字通り「売るほど」の電気が発電されるので、使いきれなかった分は売ります。
逆に、夜は自家発電が出来ないので、夜使う電気は電力会社から買い取るのです。
この売り買いのバランスが、損得の鍵を握るわけです。

そこでものを言うのがオール電化住宅。
オール電化にすると、まず、電気料金そのものが一番お得なプランになります。
そして、オール電化にして給湯システムがエコキュートになっているとこれまた電気代の節約になります。
なぜならエコキュートはかなりお得な深夜料金の時間帯にお湯を沸かしておいてくれるので
さらに電気料金の引き下げにつながるということです。
オール電化にすると、買う分の電気料金を抑えられるので、よりお財布にやさしくなるのです。

オール電化にして、かつ太陽光発電を利用するということは、
無害なエネルギーのほぼ自給自足となります。
結果、地球にも、よりやさしい生活が送れそうですね。

 <  前の記事 新しいマンションはオール電化マンション  |  トップページ  |  次の記事 オール電化 停電の時どうなる  >