オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  オール電化リフォーム >  新しいマンションはオール電化マンション

新しいマンションはオール電化マンション

これから新居を探そうというときにはまあいろいろ考えますよね。
交通の便はいいかとか、近くにスーパーやコンビにはあるかとか、
静かに暮せる場所なのかとか、安全な場所なのかとか。
それから建物自体について、「戸建て」か「マンション」どちらにするかも悩みますよね。

戸建てを選択した場合、ある程度自分の希望を盛り込んだ設計が望めます。
持ち家ならどう変えようと自由ということになります。
マンションを選択した場合でも、立地や間取りはそれなりに希望に沿ったものを選ぶことが出来ます。
しかし設備面はすでに用意されているものを受け入れるしかない状況にあります。
大掛かりなリフォームは難しいでしょうね。

今、これだけ普及がすすんでいるオール電化システムですが、
マンションにはまだオール電化が普及していませんでいたので、
一戸建てよりもマンションを選んだ場合はオール電化を諦めなくてはならなかったのです。
しかし、そんな悔しい思いをしたマンション居住者の需要も取り入れられるようになりました。
最近増えてきているのが「オール電化マンション」ですね。

オール電化マンションとは、単純にガス設備のないマンションのことです。
今までガスでまかなっていた設備を、全て電気で行います。
実際オール電化マンションの人気は高いようで、
マンション物件を探されている方の約8割がオール電化を希望しているということなんです。
マンションかつオール電化、というのはそれだけ需要が高いのですね。
しかし、オール電化マンションの数は増えてきたとはいうものの
全体的に見ると、まだまだオール電化マンションの割合はまだまだ低いようですね。

オール電化住宅に比べ、オール電化マンションの普及が遅れている理由として、
従来型のマンションをオール電化マンションにリフォームすることが難しいことがあげられます。
オール電化の設備は、200ボルトの専用線が必要になります。
200ボルトが部屋まで来ていなければ、引き込みをしなければなりません。

傾向としては、オール電化マンションは高層マンションに多いようです。
集合住宅、特に高層階マンションの場合避難を考えますと
ガス漏れやガス爆発が万一起こった場合、とても危険です。安全のためのオール電化ですね。

また、オール電化マンションを建設するには、コストがかかります。
コストのかかるオール電化マンションを業者が作りたがらない、ということがあり、あまり普及しないのです。マンション業者にとっては、従来型の電気とガス併用のマンションを建設する方が、
コストが抑えられ、マンション価格も安くできるのです。
しかし最近では建築費もあまり変わらなくなってきているようです。
販売価格が電気・ガス併用型のマンションに比べて跳ね上がるなんてことはありえません。

それに、オール電化マンションを選択すると、うれしい特典がついてきます。
オール電化マンションのメリットとしては、光熱費が電気だけになり、
しかも、努力次第で電気料金をかなり安く抑えることができます。
ガスを使用しませんので、ガスの基本料金も使用料金もかかりません。

火を使わないオール電化住宅ですので、火災が起こる可能性が格段に減ります。
ガス漏れやガス爆発の心配もありません。
火災は自分が出してしまっても周りの家に出されても困るものですから、それだけでも嬉しいポイントです。

さらに、そこのところが考慮されて、各保険会社で掛け金が割安になる
「電化住宅専用火災保険」というのがあるのですよ。
これで火災保険に払う保険料を安く抑えることができます。
マンションという大きな買い物をして、何かと出費を抑えたいときに、これは朗報ですね。

部屋の空気を汚しませんので、クリーンで快適です。
暖房に関しても、マンションの方が高気密・高断熱性が高いので、オール電化のメリットが出やすいです。

ただ、電気は時間を気にせず、使いまくっていると請求書を見て倒れます。
電気料金を安く抑えるには、電気を使用する時間の配慮が必要です。
安くする方法としては、電力会社の夜間電力を割引するコースに契約するべきですね。
そしてなるべく深夜料金を生かすのがよいでしょう。

 <  前の記事 オール電化の標準設備 床暖房  |  トップページ  |  次の記事 光熱費ゼロ? オール電化と太陽光発電  >