オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  床暖房 >  オール電化の標準設備 床暖房

オール電化の標準設備 床暖房

キッチンは魅力的なIHクッキングヒーターでガスもれや火事の心配がなくなった。
そして給湯器は地球にもお財布にも優しいエコキュートで省エネに成功。
オール電化にしたのだけど、暖房器具は従来どおり。
エアコン、こたつ、それにホットカーペットがあるからそれで充分・・・なのでしょうか?
ここは少し考えてみるべきことがあります。

せっかくオール電化に踏み切るのなら忘れてはならない設備があるんですよ。
それが「床暖房」です。
日本では、まだ床暖房はあまり普及していませんし、まだ一般的な暖房スタイルではありません。

導入したい場合は床暖房つきの住宅やマンションを購入するのが手っ取り早いですが、
既存の住宅にリフォームで床暖房をつけるとしたらどうなのでしょう。
リフォームで床暖房をつけるには、床を張り替えなければなりませんので、
大がかりなリフォームになるのでしょうね。それで普及が遅いのかもしれません。
最近は既にある床を利用して、その上に熱源を取り付ける上張りのものもありますよね。

最近建てられているマンションのほとんどが、床暖房を標準設備として採用しています。
それほど床暖房が普及しているには、やはり大きな利点があるからなんですね。
それは、「床暖房は他の暖房器具では得られない快適さがある」というユーザーの声なんです。
それでは床暖房独自の快適さとはナンなのでしょうか?

床暖房は体に良さそうですが、実際はどうなのでしょう。
現在の暖房器具の主流である、エアコンや石油ファンヒーターは、
温風を暖房のための手段としています。温かい「風」を吹き出して部屋全体を温めるのですね。
しかし風が吹けば、床のホコリやペットの抜け毛は部屋中を飛んでしまいます。
風を浴び続けると乾燥のせいでのどが痛くなってきたりします。

でも床を暖めるだけで本当に暖かいのか気になりませんか。
床暖房は、実は快適なのです。
エアコンやファンヒーターなどの暖房器具で部屋を暖めているときに、
顔がやたらほてってしまい、あわてて設定温度を下げたりしたことはありませんか?
フローリングのお部屋では、足下が冷え冷えしませんか?
エアコンは頭上から温風が吹きおろそうとするのですが、
どうしても重量の軽い温かい空気は上のほうに溜まりがちになります。
足元は寒いのに、頭はボーっとするほど温かい経験をされている方は多いんじゃないでしょうか。
最悪、人がいるところは寒くて天井のそばだけ温かいということになってしまいます。
足下が冷たいと寒く感じるので、つい、暖房の設定温度を上げてしまいます。
設定温度を上げると、また熱い空気がどんどん天井付近に流れていき、
やがては顔の辺りから上が熱い空気で満たされてしまいます。
そして、腰から下は寒くて首から上は熱いという現象が起こるわけです。
床暖房ですと、まず、足下から暖かくなってきます。
そして、部屋の温度が均一に保つことができるのです。

では、ホットカーペットでよいのではということになりそうですね。
ホットカーペットもいいですけど、暖房が部分的です。そして掃除が面倒ですよね。
床暖房は部分的ではなく、床一面が暖房器具になるので、部屋全体を温めることができます。
さらに、床そのものが暖房なので、部屋の中がすっきりします。
カーペットそのものやそれに付随するコードがありませんからね。

小さなお子さんが、カーペットのヘリにつまずいて転んだりしている光景、見かけませんか?
先日、とあるテレビ番組で、高齢者の方がカーペットに足を引っ掛けて転び、
骨折してしまうケースもある、といっていました。
バリアフリーを考えるなら、床暖房というのは極めて有効です。
床暖房ならそんな危険も回避できます。

床暖房には種類があります。
ヒートポンプ温水式、電熱線式、自己温度制御式、蓄熱式などありますが
導入時の費用が安いのは電熱線式です。
リフォームが簡単にできるのは、自己温度制御式です。
ランニングコストが安いのは蓄熱式です。
また、蓄熱式は24時間の暖房ができるので、寒冷地に向いています。
電磁波のことを考えると、蓄熱式がいちばん良いかもしれませんね。

デメリットとしては、暖まるまでに少し時間がかかってしまうこと。つまり暖房の即効性がない。
停電になった時はもちろん使えません。
予備に石油ファンヒーターなどを用意して置いた方が良いでしょう。

施工費はかかってしまいますが、この上ない快適さと安全を得られる床暖房。
オール電化住宅にぜひ取り入れてみてください。

 <  前の記事 オール電化導入 「見積もり」その前に  |  トップページ  |  次の記事 新しいマンションはオール電化マンション  >