オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  オール電化リフォーム >  オール電化導入 「見積もり」その前に

オール電化導入 「見積もり」その前に

オール電化に切り替えようと考えている人も結構多いと思います。
現実的に考えがまとまった場合問題になってくるのが予算のことですね。
そして、具体的にいくらくらい予算を立てればよいかを検討するためには、
業者に頼んで見積もりを出してもらうことになります。
でも、業者に直接見積もりを依頼する前に、どうしてもやっておきたいことがあります。
それは、「情報収集」です。

すでにオール電化についてはイヤというほど情報収集した、と思うかもしれませんね。
充分に研究したから切り替えることにしたのに、これ以上調べることなんかないのではないか。

今度はオール電化についてではなく、具体的な機器についての情報収集です。
そんなこと、プロである見積もり業者に聞いたほうが早いようにも思います。
しかし業者は売りたい機器とよい機器は別だと考えているかもしれませんよ。
業者はその分野のプロであると同時に売る分野でもプロだということを忘れてはいけません。

もちろん顧客第一で、本当に親身になってよい製品を勧めてくれる業者が大半でしょう。
その人にあったものを良心的な価格で提供してくれる業者さんはたくさんいることと思います。
しかし、悲しいかな、現実にはそうでない業者もまた、たくさんいるのです。
業者選びに失敗したために、悲しいオール電化生活のスタートを切るなんて避けたいですよね。
だから、そんなことにならないためにも、まず情報収集、リサーチしてみなければなりません。

エコキュートの機種はどれにするかなんて、家族構成によって貯湯量は変わってくるでしょう。
また、ライフスタイルによって、必要な機能も絞られてくるはずです。
不要な機能をたくさんつけて高価になってしまってはもったいないです。

IHクッキングヒーターはどうでしょうか。
オールメタル対応は必要か、火力をどこまで求めるか検討しして、いろいろ比較しておきます。
そうして自分たちに必要な性能はどんなものかを決めておくんです。
ほかにも、床暖房や太陽光発電はどうするか、せめて必要か否かは決めておきましょう。

ある程度方向性を固めておけば、悪い業者に引っかかることなく、自分の意思で選択できます。
やたらと特定の機種を押し付けてくる業者はお断りするとよさそうです。
費用についても研究しておけばなおさらです。

そこまでしておいてから、数社から相見積もりをとって業者の選別をしていきましょう。

 <  前の記事 オール電化住宅のデメリット  |  トップページ  |  次の記事 オール電化の標準設備 床暖房  >