オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  エコキュート >  オール電化製品とガス器具との比較

オール電化製品とガス器具との比較

ガスコンロや給湯器などの設備機器は故障することもありますし、寿命というものもあります。
そういったときには修理や買い替えでかなりお金がかかってしまいますね。
故障の場合は、修理費と買い替えの費用の兼ね合いによってどちらか決めることになります。
場合によっては新しいものを買ったほうがよいということになりますね。
寿命がきてしまったとしたらその機器は買い替えしかありません。
しかし給湯器はものも大きければその金額も結構大きくなってしまいます。
じゃあ、いっそ、ガスコンロもIHクッキングヒーターに買い換えて、
オール電化にしてしまおうか、という理由でオール電化にしてしまう人も多いみたいです。

そこで気になってくるのが予算の問題。
憧れのオール電化デビューをするには、どれくらい費用がかかるかということです。
リフォームにおいくらくらい必要なのでしょう?
どんなものでも機能性が高まれば当然お値段も高くなってしまいますよね。
IHクッキングヒーターやエコキュートも例外ではありません。
機能によってお値段にかなりの幅があることは了承しておきましょう。

まず、IHクッキングヒーターは本体が結構高いですね。
だいたい10万~30万円くらいになっています。安くても10万円。
さらに工事費がかかります。
ガスコンロ撤去などの諸経費を込めて、別途工事費が5万~10万円くらいかかってきます。

ではIHではなく別のガスコンロにする場合はどのくらいかかるのでしょう。
ガスコンロをビルトインタイプのものに取り替える場合、
本体価格が同じく10万~30万円くらいになっています。
ですが、ガスコンロのほうは割引率がとても高いようなんですね。
現実的には工事費込みで10万円~20万円で新しいものに変えられるということです。

次に給湯器ですが、これはオール電化の場合は、値段がかなり高くなります。
エコキュートの本体価格が40万~80万円もするのですよ。
さらに諸経費を含めた別途工事代が10万~15万円くらいかかります。
ガス給湯器だと、10万~40万円くらいなんですよね。
その上こちらも割引が馬鹿になりません。実際には2~5割くらいはお安くなっているようです。

価格の差だけを考えた場合、どうやらガスのほうが圧倒的に安いということになります。
でも、オール電化にするということは、
火事ややけどに対する不安からかなり解放されることを意味します。
精神的なストレス面での負担が減りますよね。
また、設置後にランニングコストの削減が期待できるので、
長い目で見ればもとは取れそうです。

今現在の出費を抑えてガスを選ぶか、
安心・安全がえられ、今後のランニングコストを抑えられる電気を選ぶか、
現在の懐具合も考えて決めていくことになりそうです。

トップページ  |  次の記事 IHクッキングヒーターで使えない鍋  >