オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  IHクッキングヒーター >  IHクッキングヒーターで使えない鍋

IHクッキングヒーターで使えない鍋

冬になると鍋物ですよね。私は一人暮らしですから毎日のように鍋物です。
一人で鍋物? そうなんです。一人分だけ作ります。手軽で美味しくて栄養もありますので。
おでんにキムチ鍋、ちゃんこ鍋など、この時期大活躍するのが土鍋なんですけど・・・

オール電化にはとっても関心があるけれど、
IHクッキングヒーターじゃ土鍋は使えないというのが常識になっていますね。
そこがネックになってオール電化を躊躇してしまいますよね。
土鍋が使えないのでは鍋の楽しみもちょっと減ってしまいます。

確かに、IHクッキングヒーターには使える鍋と使えない鍋があります。
土鍋もそのひとつということになていましたね。
しかし、普及率は増える一方のオール電化住宅やIHクッキングヒーター。
それで土鍋のほうが売れなくなっては土鍋をつくっている人が困ります。
そこで今では、専門店にいかなくてもホームセンターなどでIH対応のお鍋を購入できるようになりましたが
その中に、土鍋も見つかりました。IH用の土鍋って作られているのですね。

でも、結局鍋を買い換えなくてはいけないというわけで、そこがちょっと・・・・
という不満の声があることもIHメーカーでは考慮してきました。
最近では、お手持ちの鍋をすべて使えてしまう画期的なIHクッキングヒーターが登場してきています。
オールメタル対応のIHクッキングヒーターなら、
今までタブーとされていた銅やアルミ素材の鍋も使えるようになりました。
お鍋って、そうそう壊れたり痛んだりすることがないので、
長年使っているものも多く、愛着がわいてくるものです。
それを従来どおり使えるのはうれしいですよね。

でも結局「メタル」ではない土鍋は、買い換えなければならないのでしょうか。
どうやらそのへんも改善されてきているようです。
加熱箇所が3口以上ついているIHクッキングヒーターの場合、
1口だけ発熱の仕組みが異なる「ラジエントヒーター」になっているものがあります。
このラジエントヒーターは調理器具を選ばない加熱手段なんですね。
土鍋はもちろんのこと、網でお餅やするめをあぶることだってできます。

IHクッキングヒーターは調理器具を選ぶ、というのは、もう過去のことになりつつあります。

 <  前の記事 オール電化製品とガス器具との比較  |  トップページ  |  次の記事 オール電化リフォームは築100年でも可能か  >