オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  オール電化メリット・デメリット >  オール電化住宅のデメリット

オール電化住宅のデメリット

これからオール電化にしようというときにはいろいろ気になってしまいますよね。
一番気になるのは、オール電化にしたことでメリットだけではなく、デメリットがあるかどうかです。
オール電化について、色々なところでメリットが言われていますが、
メリットしかないといううまい話はめったにないでしょう。
もちろんオール電化にもデメリットがあります。

オール電化住宅のデメリットとしてすぐに思い浮かぶのは、「費用」の問題です。
使用する機器本体のお値段が高いのですよね。工事費もかかりますし。
オール電化の初期費用は、金額にすると、ガス器具設備にした場合の3倍から6倍にもなります。
導入費用の差額は7年くらいで取り戻せるそうですが、
それは新築の場合に限られるでしょうね。
リフォームで導入するとなると、差額ではなくて全額で計算することになりますので、
もっとかかりそうです。

オール電化にすると、給湯設備はエコキュートを設置することになります。
エコキュートは家族の人数が多いほど、大きいものを設置する必要があります。
エコキュートは、沸かしたお湯をタンクに蓄えて利用します。
沸かしたお湯をたくさん貯めておくタンクになりますので、大きくて重い設備になってしまいます。
お湯を入れたタンクの重量に耐えられる基礎工事をする必要があります。
基礎工事に手間がかかる場合は、余計に工事費用がかかってしまいそうですね。
それから、タンクは大きいので、スペースを結構取り、邪魔かもしれません。

IHクッキングヒーターは、火を使わないので部屋の空気が汚れることは少ないですね。
しかし料理をすれば料理そのものから水蒸気が出ますし、油もはねます。
換気扇はIH専用の換気扇というものがありますのでこれを設置します。
リフォームですと、換気扇を取り替える工事というのも必要になりますね。
また、IHクッキングヒーター対応の鍋しか使えません。
ガスで使っていた鍋の大半が使えなくなってしまう可能性があります。
最近は多くの種類の鍋に対応するようになっていますけど
そうはいってもやはりガスコンロよりは可能性は狭められます。
炒め物をするときには、フライパンをゆすったりすることができませんので、
料理がお好きな方には物足りなく感じてしまうでしょう。

オール電化によってメリットが得られるのは、
夜間の電気料金が割引になる時間に電気を使用する場合ですが、
昼間の電気使用が多い家庭では、そのメリットが生かせず、かえって割高になります。
昼間に家にいることが多い高齢世帯ですとこれにあてはまってしまうかもしれません。
本来、光熱費を節約する目的でオール電化にしたはずが結構高くついた、ということも考えられます。
ただ、高齢世帯の場合、経済性ではなく安全性に注目してオール電化にする、ということも考えられます。

オール電化住宅においての一番のデメリットは、停電してしまった時でしょう。
電気が止まってしまうと、家の全ての機能がとまってしまいますよね。
冬でしたら、暖房ができなくて非常に苦しい思いをするでしょう。
まさかの時に備えて、カセットコンロと石油ストーブを用意しておく必要があります。
ただ、停電そのものは最近ほとんどありませんし、
停電時の復旧も極めて迅速ですからそのへんはそれほど心配しなくてもよいとは思います。

 <  前の記事 オール電化で光熱費を減らす  |  トップページ  |  次の記事 オール電化導入 「見積もり」その前に  >