オール電化の関連商品をさらに探す>>

Top >  光熱費ゼロ住宅 >  オール電化で光熱費節約

オール電化で光熱費節約

CMや広告なんかで、
「オール電化にすれば料金がお得」
というキャッチコピーをよくみかけませんか?
え?オール電化だから電気をたくさん使うんじゃないの?って思いますよね。
いったいなぜ、どういう点でオール電化にすると電気代がお得になるのでしょう。

まず単純に、ガスの基本使用量を払う必要がなくなりますね。
電気代自体を減らすわけではありませんが、基本料金を電気だけに一本化できます。
ガスの基本使用量は各家庭の使用量によって、また地域によって異なりますが、
だいたい1,000~2,000円ですので、この分が光熱費から一気になくなります。
細かい数字を知りたい場合は、毎月のガスの検針票を見ると記載されていますよ。

あとは、オール電化にするとランニングコストとなる電気料金が割安になります。
電気をたくさん使えば、単位あたりの電気代は上がっていくのでは?と思ってしまうのですが・・・
これまたCM等で「割安な深夜料金を使うから、電気代がお得」
という宣伝文句もきいたことがありませんか?

この、電気代の深夜料金って、かなりお得になるようで節約につながります。
私たちが普通に暮らしていて活動する時間帯は朝7時頃から夜11頃。
当然、その時間帯には電化製品を使うことがおおくなりまして、電力使用量も多くなります。
そして、需要の多いものは値段が高くなるというのは資本主義の決まりです。
使用量の多い時間帯の電気料金は、これも地域差が多少ありますが、1kwあたり大体20~30円くらい。

一方、人々が寝静まり、電気の使用量がぐんと減る夜11時から午前7時までは
昼間よりも電気代が安い、深夜料金が適用されます。
ではどれくらい電気代が安くなるのでしょうか?
深夜料金の1kwあたりの電気料金はなんと、7円あまりなんですよ。
ちょっとびっくりしませんか? 昼間の電気代と違いすぎますよね。
深夜料金を活用する、ということは、
それだけで電気代を4分の1~3分の1もカットできることになるのです。

ただ、日中の消費電力すべてを深夜の電力でまかなえるわけではありません。
この深夜料金を活かせるのは主にエコキュートによる給湯システムになります。
光熱費の大半は給湯に使われている、といわれているだけに、
給湯システムだけでも深夜料金で電気代を払えばいいというのはありがたいです。

 <  前の記事 国もバックアップ オール電化で補助金が出る!  |  トップページ  |  次の記事 オール電化・太陽光発電でエコロジー・エコノミー  >