Top >  北斗の拳 >  闘神VS悪魔

闘神VS悪魔

ということでジャッカルはデビルリバースを

ケンシロウにぶつけることに成功します。

で、驚くのがデビルリバースの大きさですよね、やっぱり。

顔の長さだけで、ケンシロウの身長を超えるんですよ。

デビルリバースを7頭身としましょうか。

ケンシロウの身長は・・・185センチだそうですから、デビルの顔の長さは2メートルくらい。

そうすると彼の身長は・・・14メートルか。人間じゃねぇ。ダンバインよりでかい。

あれですね、「るろうに剣心」の不二と戦って欲しいですね。夢のデカキャラ対決。

それからデビルリバースはただでかいんじゃなくて拳法も会得しています。

その拳法を羅漢仁王拳と言います。

これが、古代インドの拳法なんだそうですが、あまりに危険なため禁止されたのだとか。

それを何故かこのバケモノが身につけている。どういうめぐり合わせでしょう。

そのせいで何百人もの犠牲者が出たのですね。

羅漢仁王拳の特徴は風を操ることのようです。

デビルリバースが構えを取るだけで衝撃波が発生し、

ケンシロウの皮膚が切り裂かれます。

さらに、カメハメハみたいな格好で繰り出す技が風殺金剛拳。

爆風のような風と衝撃波を同時に浴びせる技のようです。

これでケンシロウは吹き飛ばされて砕け散ったガレキの下敷きになりますが・・・

なんと結構平然とガレキの下から出てきます。いったいどうなってるんでしょう。

どうも転龍呼吸法というのに秘密があるらしい。

この呼吸法を使うと、潜在能力を引き出せるらしいのですが、

それによって防御力もアップしたのでしょうか。

それとも反射速度も異常に高まって、衝撃波をも見切ったのでしょうか。

何はともあれその後ケンシロウは、デビルリバースの秘孔をつき、倒してしまいます。

北斗七死星点です。北斗七星の形に突いたようです。

デビルリバースはジャッカル兄貴に助けを求めますが、

もちろんジャッカルは黙れバケモノとばかりに無視します。

逆にケンシロウに対して「悪魔を倒してくれた救世主だ!」なんておべんちゃらを言います。

もちろんケンシロウはそんな言葉を聞き入れるはずもなく、

ジャッカルは愛しの弟につかまれたまま、自らのダイナマイトによって砕け散ります。

まあ、ケンシロウが火をつけてあげたんですけどね。

それにしてもデビルリバースって・・・誰がどうやって閉じ込めたんだろう・・・。

まあ、電気椅子でも死ななかったとか言うことですから、

国家権力によるのでしょうけど。

え? 電気椅子? どんだけでかい電気椅子なの?

 

【U-NEXT】アニメを31日間無料で見てみる

【hulu】こちらは2週間アニメ無料

あわせて約1ヶ月半アニメが無料

 <  前の記事 デビルリバース調教  |  トップページ  |  次の記事 レイ様登場  >