Top >  北斗の拳 >  マッド軍曹?

マッド軍曹?

シン編が終わりまして、次のケンシロウの敵はGOLANと呼ばれる集団になります。

彼らはアニメではシンの配下なのですけど、原作では独立しているようです。

まぁ、ひょっとしたら関係あったのかもしれませんが。

もとレッドベレーという、ゲリラ戦専門の軍人だったようです。

グリーンベレーみたいなもんでしょうね。

で、彼らは自分たちこそ神に選ばれたと信じています。

核戦争が起こったが心身ともに鍛え上げた自分たちは生き残った、

イコール神に選ばれた、という論理らしいです。

だから弱い者は生きる権利がないと考えています。

さて、上記軍曹と戦う前に、ケンシロウはチョビヒゲのGOLANメンバーと

戦っていますけど、こいつ、名前すら出してもらっていません・・・

ということで置いときまして・・・・・・

次にケンシロウが戦うのが、ザコはこれまた置いといてマッド軍曹です。

名前がマッド・・・狂っていると自ら宣伝してどうする。

まあいいとして、この軍曹、あの、食料交換所のオヤジによれば、

「どんな拳法家もあの軍曹には勝てない」

なんていわれていたにも関わらず、

得意技といえば、ストロー(注射針?)みたいな武器を投げて敵を出血させることと、

ナイフを1秒間に10回突くことです。

ストローは、ケンシロウにざくざく刺さりましたが、

ケンシロウがちょっと筋肉に力を入れただけで抜け落ちてしまいました。

また、秒速10回程度の技では、ケンシロウを捉えることはできませんでした。

かくしてあっさりやられて終わりです・・・・・・

見た目は強そうだったんですけどね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 北斗神拳の真髄  |  トップページ  |  次の記事 カーネル  >