Top >  北斗の拳 >  北斗神拳の真髄

北斗神拳の真髄

ふと思ったのですが、シンとの戦いですでに北斗神拳の真髄が

表れているんじゃないでしょうか?

北斗神拳の真髄については、修羅編で語られるわけです。

つまり、戦場で常に進化していく拳法であると。

北斗宗家の拳は確かに強かったのですが、既に完成されているせいで

北斗宗家の拳への対策もまた十分に考案されていたんですね。

その反省から生まれたのが北斗神拳ですから、

北斗神拳は常に未完成、そこが最大の強みであると。

すなわち、一度見た技は次から完全に見切ってしまいます。

そして、その技を取り込んで、自分でも使えるようになってしまいます。

北斗神拳のいちばんの怖さはどこにあるのかといいますと、

内部から爆発させることでも、

潜在能力を全て引き出すことでも、

無想転生でもなくて、

この、常に進化するというところにあるのですね。

それもあってシンは・・・まあ、ユリアのことも重なりまして、

ケンシロウとの2度目の戦いで、あんなにあっさり負けてしまったのでしょう。

 

【U-NEXT】アニメを31日間無料で見てみる

【hulu】こちらは2週間アニメ無料

あわせて約1ヶ月半アニメが無料

 <  前の記事 シンが弱すぎる?  |  トップページ  |  次の記事 マッド軍曹?  >