Top >  ガンダム >  水陸両用モビルスーツ

水陸両用モビルスーツ

ジオンが製造した水陸両用もビルスーツはゴッグ、ズゴックが最初で、
その廉価バージョンとしてアッガイが造られたという話もありますし、
いやいや、アッガイが最初でアッガイをベースに
ゴッグ、ズゴックは開発されたのだという話もあります。

まあどっちでもいいのですけど、性能的にはアッガイはゴッグやズゴックより
劣るようです。
だいたいアッガイを改良して装甲重視にしたのがゴッグ、
機動性重視にしたのがズゴックという理解でよさそうですね。

しかし、アッガイというのはあれでちゃんと長所を持っています。
どんな長所かといいますと見た目がカワイイ・・・ではなく、
安く製造するためにジェネレーターはザクのものを流用したようです。
それで出力が低くて発熱が抑えられるので、
赤外線センサーなんかには捉えられにくいと。
だから隠密行動に適しているというのですね。

そういえばアニメではシャアはアッガイを引き連れてジャブロー潜入していましたっけ。
アッガイのパイロットの全身タイツ(?)みたいな如何にも特殊部隊っぽい風情でした。
・・・・・・でも我らがシャア・アズナブルは霊によって赤のズゴックで目立ちまくり、
隠密どころではないのですが。
アッガイはカワイイせいか、プラモデルがなかなか手に入りませんでした。
ガンプラといっても最近のマスターグレードとかじゃなく
25年も前のガンプラブームのころのものですけど。
とにかくアッガイはレアものでした。
お店が売れないと踏んで仕入れなかっただけではなんて言ってはいけません。
きっとカワイイから大人気で売り切れていたのです。

さて、ゴッグはアッガイよりも戦闘向きですけど、
あんまり記憶に残っていません。
ガンダムのハイパーハンマーをキャッチしたシーンくらいしか憶えていない。
キャッチした所で変な間があったような・・・
ゴッグといいますとプラモデルで、100分の1のやつが出来がよかった記憶があります。
ちゃんと腕が縮んで肩に収納できていたと思います。

シャア専用ズゴックは目立っていましたので憶えています。
というか、ジャブローでシャアのズゴックが登場して、
一瞬で間合いを詰めGMのコックピットを貫くシーンは、
ガンダムの数ある名シーンの中でも最もインパクトがあるものではないでしょうか。
このシーンを作る為だけのプラモデルも売られていましたね。

【U-NEXT】アニメを31日間無料で見てみる

【hulu】こちらは2週間アニメ無料

あわせて約1ヶ月半アニメが無料

 <  前の記事 怒りのスーパーモード  |  トップページ  |  次の記事 ゾックを忘れていた  >