Top >  勇者王ガオガイガー >  ザ・パワー

ザ・パワー

木星に隠された力です。
木星は神々の王の名「ジュピター」を冠するだけあって、
なぞのエネルギーを持っているようです。

その力は、あらゆるものを爆発的に強化してしまいます。
クリリンに犠牲になってもらわなくてもスーパーな力が得られます。
ザ・パワーによって強化されたガオガイガーのブロウクンファントムは
小惑星と融合した機界原種を瞬く間に粉砕してしまいました。

また、機界原種が合体して構成されたZマスターは
木星のザ・パワーを取り込んで絶大な力を手に入れます。
おそらく、東京電力にお世話になったパスダーの力は
これに比べれば塵に等しいでしょう。

もちろんこのような巨大な力は、扱い方を誤れば自らを滅ぼします。

さてこのザ・パワー、なにも破壊につながるだけの力ではありません。
獅子王凱は木星において、既にこの世を去った父と会話を交わしています。
父親とは獅子王麗雄のことですけど、この人、木星で死んでしまいます。
でも実は死んだのではなくて、肉体を失っただけで
木星で精神生命体に移行したようです。

ここで疑問に思うのは精神生命体になるにはザ・パワーが必要なのか、
それとも死んだ後は誰でも精神生命体になれて、
ザ・パワーはたんにコミュニケーションを助けてくれただけなのか、
ということですが、そこは謎ですね。

そういえば木星で精神生命体になるなんて、
あきらかにアーサーCクラークのオデッセイ「2001年宇宙の旅」を
意識していますよねぇ。

あ、「2001年」の原作小説では、主人公のボーマンさんらは、
木星ではなくて土星に行くんですよ。映画と違う。
ご存知でした?

・・・・・・って、話題がそれた。

【U-NEXT】アニメを31日間無料で見てみる

【hulu】こちらは2週間アニメ無料

あわせて約1ヶ月半アニメが無料

 <  前の記事 ソルダートJ  |  トップページ  |  次の記事 悟空がクリリンを殺した?  >